コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牛津川 ウシツガワ

デジタル大辞泉の解説

うしつ‐がわ〔‐がは〕【牛津川】

佐賀県中央部を流れる川。筑紫(つくし)山地西部に位置する八幡(はちまん)岳(標高764メートル)南斜面に源を発してほぼ東流し、杵島(きしま)郡白石(しろいし)町福富(ふくどみ)の干拓地域で有明海に注ぐ六角(ろっかく)川に合流する。長さ約28キロ。うしづがわ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

牛津川
うしづがわ

佐賀県中央部を流れる川。玄界灘(げんかいなだ)斜面と有明海(ありあけかい)斜面との分水界に位置する八幡(はちまん)岳(764メートル)に源を発し、有明海奥の干拓地域で六角(ろっかく)川に合流する。延長約27キロメートル。途中、多久(たく)盆地各水系の水を集め、やがて多久市と小城(おぎ)市小城町の境界を南流して小城市牛津町地区に入るが、ここまではかつて多久川ともよばれた。鉄道開通前には舟運の便をもち、多久方面の米や石炭が川船で運ばれたが、とくに長崎街道と交差する牛津中心地付近は、水陸交通の要衝をなし、河港としてにぎわった。また、六角川河口から十数キロメートルも上流にありながら標高3メートル余で、典型的な感潮河川をなし、かつては水害の頻発もみた。さらに下流低地を蛇行する流路は小城市芦刈(あしかり)町地区と同市牛津町地区、江北(こうほく)町との境界をなす。[川崎 茂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

牛津川の関連キーワード佐賀県小城市小城(市)牛津〈町〉多久[市]牛津[町]つくし多久市多久牛津六角筑紫

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android