コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牛津川 ウシツガワ

2件 の用語解説(牛津川の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うしつ‐がわ〔‐がは〕【牛津川】

《「うしづがわ」とも》佐賀県中央部を流れる川。筑紫(つくし)山地西部に位置する八幡(はちまん)岳(標高764メートル)南斜面に源を発してほぼ東流し、杵島(きしま)郡白石(しろいし)町福富(ふくどみ)の干拓地域で有明海に注ぐ六角(ろっかく)川に合流する。長さ約28キロ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

牛津川
うしづがわ

佐賀県中央部を流れる川。玄界灘(げんかいなだ)斜面と有明海(ありあけかい)斜面との分水界に位置する八幡(はちまん)岳(764メートル)に源を発し、有明海奥の干拓地域で六角(ろっかく)川に合流する。延長約27キロメートル。途中、多久(たく)盆地各水系の水を集め、やがて多久市と小城(おぎ)市小城町の境界を南流して小城市牛津町地区に入るが、ここまではかつて多久川ともよばれた。鉄道開通前には舟運の便をもち、多久方面の米や石炭が川船で運ばれたが、とくに長崎街道と交差する牛津中心地付近は、水陸交通の要衝をなし、河港としてにぎわった。また、六角川河口から十数キロメートルも上流にありながら標高3メートル余で、典型的な感潮河川をなし、かつては水害の頻発もみた。さらに下流低地を蛇行する流路は小城市芦刈(あしかり)町地区と同市牛津町地区、江北(こうほく)町との境界をなす。[川崎 茂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

牛津川の関連情報