コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筑紫山地 つくしさんち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

筑紫山地
つくしさんち

九州の北部を東西に連なる山地最高峰脊振山(1055m)。平均標高 400~900mの低山性山地で,断層により脊振山地筑肥山地水縄山地三郡山地など多くの山塊群に分けられる。西日本内帯に属する山地で,花崗岩,中生層,古生層古第三紀層が交じっている。古第三紀層のなかには石炭が埋蔵され,筑豊,福岡,唐津,佐世保の諸炭田が分布。東部の貫山(ぬきさん)は石灰岩の山地で,平尾台などのカルスト地形が発達している。一般に山地斜面は急であるが,山頂部に緩傾斜面をもち,諸山地の間には多数の平野や盆地がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

つくし‐さんち【筑紫山地】

《「ちくしさんち」とも》九州北部をほぼ北東から南西に走る山地。福岡・佐賀・長崎の3県にまたがる。平均標高400~900メートルで、最高峰は福岡県佐賀県境の背振(せふり)山。地体構造上、西南日本内帯に属する。中国山地の延長上にあり、断層によって多くの山塊に分断されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

筑紫山地【つくしさんち】

九州北部を北東〜南西に走る山地。おもに古生層とこれを貫く花コウ岩からなり,中国山地の延長にあたる。多くの河谷や盆地によって三郡山地,脊振山地などの地塊に分かれ,平均標高400〜900m,最高点は脊振山の1055m。
→関連項目福岡[県]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

つくしさんち【筑紫山地】

〈ちくしさんち〉ともいう。おもに福岡,佐賀,長崎3県にまたがって北東から南西方向に走る山地。地体構造上,西南日本内帯に位置し,中国山地の延長上にある。中国山地が連続した山地であるのに対し,この山地は筑豊盆地,福岡平野筑紫平野などにより地塊に分断されている。北東から本州と対峙する企救(きく)山地,紫川の東側に位置する貫(ぬき)山地と西側に位置する福智山地,筑豊盆地と福岡平野の間の三郡山地,筑後川の南の耳納(水縄)(みのう)山地,福岡・熊本両県にまたがる筑肥山地,福岡・佐賀両県境の脊振山地,佐賀県から長崎県にかけての肥前山地総称である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

つくしさんち【筑紫山地】

北九州を構成する山地の総称で、三郡さんぐん山地・脊振せふり山地などから成る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔県域外〕筑紫山地(つくしさんち)


九州北部、福岡・大分・佐賀・長崎4県を北東から南西に延びる山地。中央構造線北側の内帯に属する。企救(きく)・三郡(さんぐん)・脊振(せふり)の各山地など多くの山塊群の総称で、各山地の間には平野・盆地が広がる。最高峰は南東部の福岡・大分県境の犬ヶ(いぬが)岳(標高1131m)。中国山地の延長部分にあたる古い褶曲(しゅうきょく)山地で、花崗(かこう)岩・中生層・古生層に第三紀層が交じる。第三紀層には石炭が埋蔵され、かつては筑豊・粕屋・唐津・佐世保などの諸炭田が操業、日本屈指の産炭地帯だった。福岡県北東部の平尾台(ひらおだい)は、山口県の秋吉台(あきよしだい)に続くカルスト台地となっている。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の筑紫山地の言及

【筑紫山地】より

…〈ちくしさんち〉ともいう。おもに福岡,佐賀,長崎3県にまたがって北東から南西方向に走る山地。地体構造上,西南日本内帯に位置し,中国山地の延長上にある。中国山地が連続した山地であるのに対し,この山地は筑豊盆地,福岡平野,筑紫平野などにより地塊に分断されている。北東から本州と対峙する企救(きく)山地,紫川の東側に位置する貫(ぬき)山地と西側に位置する福智山地,筑豊盆地と福岡平野の間の三郡山地,筑後川の南の耳納(水縄)(みのう)山地,福岡・熊本両県にまたがる筑肥山地,福岡・佐賀両県境の脊振山地,佐賀県から長崎県にかけての肥前山地の総称である。…

【福岡[県]】より

筑後国筑前国豊前国【狐塚 裕子】
[モザイク状地形の風土]
 大分,熊本との県境一帯は浸食された溶岩台地で,英彦(ひこ)山釈迦ヶ岳など標高1000m前後のメーサやビュートが多数集まって県の最高部を形成し,遠賀(おんが)川,矢部川の水源をなす。その北西に,地帯構造上西南日本の内帯に属し中国山地の延長部に当たる筑紫(つくし)山地が広がる。筑紫山地は断層によって,東から西へ企救(きく)山地,貫(ぬき)山地,福智山地,三郡山地,佐賀県境の脊振(せふり)山地,南に耳納(水縄)(みのう)山地,熊本県境の筑肥山地など多数の地塊に分裂し,広い谷や盆地,平野を数多く介在させて複雑なモザイク状を呈している。…

※「筑紫山地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

筑紫山地の関連キーワード筑紫山地(ちくしさんち)吉野ヶ里[町]小石原[村]朝倉[町]江北[町]夜須[町]嘉穂[町]杷木[町]神埼[市]嘉麻[市]三輪[町]北松浦半島企救半島九州地方釈迦ヶ岳北九州秋吉台多久市遠賀川山国川

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android