コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牛耳を執る ギュウジヲトル

大辞林 第三版の解説

ぎゅうじをとる【牛耳を執る】

同盟・団体などの盟主・支配者となる。また、団体・組織を自分の意のままに動かす。主導権を握る。牛耳る。 「 - ・るは近在の豪農の主人/社会百面相 魯庵」 〔中国春秋戦国時代に諸侯が同盟を結ぶ儀式で、盟主となる者が牛の耳を割いて血を採り、これを順番にすすって同盟を誓ったという「左氏伝哀公十七年」に見える故事から〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

牛耳を執るの関連キーワード意のまま取る牛耳

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android