牧田環(読み)まきた たまき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

牧田環 まきた-たまき

1871-1943 明治-昭和時代前期の実業家。
明治4年7月20日生まれ。三井鉱山技術者としてはいり,その近代化につとめる。三井合名理事長で岳父団琢磨(たくま)と協力して三井財閥重化学工業への転換に貢献。昭和9年三井鉱山会長。のち昭和飛行機工業社長。昭和18年7月6日死去。73歳。大阪出身。帝国大学卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

牧田環
まきたたまき
(1871―1943)

大正・昭和初期の三井財閥の経営者。大阪市出身。1895年(明治28)帝国大学工科大学採鉱冶金(やきん)学科を卒業して三井鉱山に入社。技術者として、とくに1913年(大正2)以降は役員として、三井財閥の炭礦鉱山部門の近代化、同部門を拠点とする石炭化学工業、鉄鋼業などの重化学工業の多角的展開に大きく貢献した。三井財閥の最高指導者であった団琢磨(だんたくま)と、鉱山技術者の後輩かつ女婿として密接に結ばれていたことも、彼の活発な経営者行動に力あった。36年(昭和11)三井鉱山取締役会長を辞任したのちは、昭和飛行機社長、石炭液化の帝国燃料興業総裁、財界諸団体役員に就任し、技術者出身財界人として重きをなした。[森川英正]
『森川英正著『財閥の経営史的研究』(1980・東洋経済新報社) ▽森川英正編著『牧田環伝記資料』(1982・日本経営史研究所)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android