コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狐の草子 きつねのそうし

世界大百科事典 第2版の解説

きつねのそうし【狐の草子】

御伽草子。室町時代の成立。絵巻1軸。ある女房が老いた僧都を見染め,使いのものに誘いの文を届けさせる。僧都は若い時分から〈心色めきたる人〉であったから,返事をしたため,姿かたちをととのえ待っていると,夜更けて二十日の月が出るころ,八葉の車が迎えにくる。善美を尽くした館に着き,楊貴妃,李夫人も及ばぬ女房と和歌を応酬し,女の歌の巧みさに耐えかね,僧都は打ちふす。日がのぼって目覚めた僧都は女が調えたさまざまの魚を断り,精進の物で食事を済ますが,見慣れぬことばかりで疲れを覚えながらも年月を送る。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

狐の草子の関連キーワード御伽草子木幡狐

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android