コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狭野茅上娘子 さののちがみのおとめ

5件 の用語解説(狭野茅上娘子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

狭野茅上娘子
さののちがみのおとめ

奈良時代の女流歌人。「弟上 (おとがみ) 娘子」とする本もある。『万葉集』の目録に「蔵部女嬬」とあり,下級の女官であったらしい。天平 10 (738) ~12年頃,すでに結婚していた中臣宅守 (やかもり) が越前国に流罪になった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

狭野茅上娘子【さののちがみのおとめ】

奈良時代の歌人。生没年不詳。狭野弟上娘子(さののおとがみのおとめ)とも。下級女官かとされる。中臣宅守(なかとみのやかもり)の妻となったとき,宅守は越前国に流された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

狭野茅上娘子 さのの-ちがみのおとめ

?-? 奈良時代の歌人。
蔵部(くらべ)の女嬬(にょじゅ)(後宮の女官)。中臣宅守(なかとみの-やかもり)の妻。天平(てんぴょう)11年(739)ごろ夫が越前(えちぜん)(福井県)に流されたとき,ふたりでかわした贈答歌が「万葉集」巻15に63首おさめられている。うち23首が娘子の短歌で,宅守へのはげしい思慕がうたわれる。狭野弟上(おとがみの)娘子とも。
【格言など】あしひきの山路越えむとする君を心に持ちて安けくもなし(「万葉集」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

さののちがみのおとめ【狭野茅上娘子】

《万葉集》第4期(733‐759)の歌人。生没年不詳。狭野弟上娘子(さののおとがみのおとめ)と伝える本もある。《万葉集》の目録によれば蔵部の女嬬(によじゆ)であったというが,後宮蔵司の下級女官か。中臣宅守(なかとみのやかもり)の妻となったとき,宅守が勅断されて越前に流され,離別して暮らす二人の間で贈答した63首が巻十五に収められている。そのうちの娘子の23首以外には,娘子に関して伝えるところはない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さののちがみのおとめ【狭野茅上娘子】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

狭野茅上娘子の関連キーワード蔵部石川郎女(4)伊保麻呂占部小竜大宅女小鯛王久米女王田口馬長三手代人名若桜部君足

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone