猶/尚(読み)ナオ

デジタル大辞泉の解説

なお〔なほ〕【猶/尚】

[副]
以前の状態がそのまま続いているさま。相変わらず。やはり。まだ。「今も―健在だ」「昼―暗い」
状態や程度がいちだんと進むさま。さらに。もっと。いっそう。「君が来てくれれば―都合がいい」「会えば別れが―つらい」
現にある物事に付け加えるべきものがあるさま。「―検討の余地がある」「―10日の猶予がほしい」
(あとに「ごとし」を伴って)ちょうど。あたかも。「過ぎたるは―及ばざるがごとし」
「御首は敷皮の上に落ちて、質(むくろ)は―坐せるが如し」〈太平記・二〉
[接]ある話の終わったあとで、さらに別のことを言い添えるのに用いる語。「―詳しくは後便にて申し上げます」

ゆう【猶】[漢字項目]

常用漢字] [音]ユウ(イウ)(漢) [訓]なお
ぐずぐずしてためらう。「猶予
さながら…のようだ。「猶子
[名のり]さね・より
[難読]猶太(ユダヤ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android