コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猶/尚 ナオ

デジタル大辞泉の解説

なお〔なほ〕【猶/尚】

[副]
以前の状態がそのまま続いているさま。相変わらず。やはり。まだ。「今も―健在だ」「昼―暗い」
状態や程度がいちだんと進むさま。さらに。もっと。いっそう。「君が来てくれれば―都合がいい」「会えば別れが―つらい」
現にある物事に付け加えるべきものがあるさま。「―検討の余地がある」「―10日の猶予がほしい」
(あとに「ごとし」を伴って)ちょうど。あたかも。「過ぎたるは―及ばざるがごとし」
「御首は敷皮の上に落ちて、質(むくろ)は―坐せるが如し」〈太平記・二〉
[接]ある話の終わったあとで、さらに別のことを言い添えるのに用いる語。「―詳しくは後便にて申し上げます」

ゆう【猶】[漢字項目]

常用漢字] [音]ユウ(イウ)(漢) [訓]なお
ぐずぐずしてためらう。「猶予
さながら…のようだ。「猶子
[名のり]さね・より
[難読]猶太(ユダヤ)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

猶/尚の関連キーワード中原猶介(なかはらゆうすけ)鹿児島県鹿児島市上之園町天機を洩らす物の怪立つ腹を据える三界の火宅三つ瀬川寒の入り神木鴎津小西福年憎くまし思ひ放つ自由結婚三界火宅三界無安推当て胯越ゆ釈祐照馮夢竜黒ます

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android