コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玄菟郡 ゲントグン

世界大百科事典 第2版の解説

げんとぐん【玄菟郡 Xuán tù jùn】

漢の武帝により前108年,朝鮮に設置された漢四郡の一つ。はじめ沃沮(よくそ)の地(現在の咸鏡道方面に比定される。中心は咸興)に設置された。玄菟郡はその後中国支配の後退,周辺諸民族の台頭によってしだいに西北に移動するが,これを概括的に記すと前82年から前75年にかけて諸郡の改廃が行われたとき蘇子河上流(現,遼寧省新賓付近?)に移ったものとみられ,これがいわば第2次玄菟郡とでもいうべきものであろう。移動の原因は高句麗圧迫によるものとみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

玄菟郡
げんとぐん

中国、漢の武帝の朝鮮遠征によって衛氏(えいし)朝鮮が滅ぼされ、その結果設置された朝鮮四郡(漢四郡)の一つ。4郡のうち、臨屯(りんとん)、真番(しんばん)の2郡はまもなく廃され、楽浪(らくろう)、玄菟の2郡についても郡治の位置や境域は、かならずしも明確でない。とくに玄菟郡は高句麗(こうくり)勢力の興隆に伴ってしだいに西方へ後退した。その設置は紀元前107年であり、郡治は吉林(きつりん/チーリン)省集安(しゅうあん/チーアン)付近に推定されるが異説もある。そののち三十数年にして郡治は興京(こうけい)老城(遼東(りょうとう)省興京)に移り、紀元106年には現在の撫順(ぶじゅん/フーシュン)市付近に後退した。郡治はいずれも高句麗県とよばれ、その後、三国時代まで存続したが、西晋(せいしん)の末(315)に高句麗に攻略された。[李 成 市]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の玄菟郡の言及

【沃沮】より

…その言語は高句麗と大同小異で,四方を強敵に包囲されているため,必然的に高句麗の直接間接の支配をうけざるをえなかった。前108年,漢の武帝が漢四郡を設けたとき,沃沮は玄菟郡(げんとぐん)治に入った。そのころの中心地は現在の咸興に比定されている。…

※「玄菟郡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

玄菟郡の関連キーワード玄莵郡

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android