コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玄語 げんご

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

玄語
げんご

三浦梅園が 31歳の宝暦3 (1753) 年から 53歳の安永4 (75) 年までの 23年を費やして著わした主著。人間を取巻いている全自然界に働いている法則を発見しようとした梅園の思想が展開されている。例示および本宗,天冊 (活部,立部) ,地冊 (没部,露部) ,小冊 (人部,物部) の4冊,8巻から成る。「条理の原を探究する」ことがここでの中心課題であり,そのためには,既知の知識の全部を疑い,自然の諸事象のありのままを観察することが必要であると説かれる。そして,多様な自然の「条理」を見出すためには「反して観,合せて観て,その本然を求める」反観合一の法が求められた。自然の認識に関する論理学的著述として重要である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

げんご【玄語】

三浦梅園の主著。〈梅園三語〉の一つ。その〈条理〉哲学の体系を詳説したもの。31歳で着手し,23年間に23回改稿して1775年(安永4)に完成したと述懐するが,実際はその後も改稿をつづけた。それらの稿本は三浦家に現存する。全文漢文で10万語,すべて自己の独自の思索より出るとして前人よりの引用はいっさいなく,一貫して独特の用語で書かれ煩瑣難解を極める。版本はなく,写本でいくらか流布した。例旨,本宗,天冊(活部天神,立部本神),地冊(没部,露部),小冊(人部,物部)の5部8章および図解160余より成る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

げんご【玄語】

〔奥深い意味をもつ言葉の意から〕 老荘の説く道理。玄言。
江戸時代、三浦梅園の著した哲学書。二八編。1753~75年成立。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

玄語
げんご

江戸中期から後期を代表する哲学者三浦梅園(ばいえん)の代表的著作。全8巻。本書は「反観合一、徴(あらわれ)に正に依(よ)る」という客観主義的実証主義的方法論を掲げて、まったく独創的な「玄なる一元気の研究」をほぼ完成に近いまでに推し進めた。梅園は、1753年(宝暦3)31歳の年に書き始め、75年(安永4)53歳の年に、23年の歳月と23回の換稿の果てに『安永(あんえい)四年本玄語』としていちおうの体裁を調える。しかし、思索と換稿の筆は臨終の日まで続き、その成果は『浄書本玄語』として残されている。第二主著『贅語(ぜいご)』(全14巻)、第三主著『敢語(かんご)』(全1巻)とあわせて「梅園三語」と自称する。江戸時代を支配した二大哲学としての仏教哲学が須弥山(しゅみせん)説という自然観に、儒教哲学、なかでも日本の江戸時代を支配した朱子学が地方体説という自然観に立脚しているのに対して、第三の哲学としての梅園哲学は地球体説という西洋から伝来した新しい自然観に立脚している。[高橋正和]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の玄語の言及

【三浦梅園】より

… 幼時より天地万物あらゆることに疑いを抱きノイローゼを発するほど苦しんだが,20歳過ぎて西洋天文学書によって天地の形体を知るを得,29歳または30歳で〈天地は気なり〉と気づき,つづいてその天地万物に〈条理〉のあることを覚った。かくて条理探究の書《玄語》の稿を起こし,53歳でついに完成した。別に彼が思索の資料とした中国古典,日本・中国の医書,西洋学の書(《天経或問(わくもん)》,《解体新書》,清の梅文鼎の天文学書など)を縦横に引用し批判した《贅語》があり,また人倫哲学の《敢語》がある(合わせて〈梅園三語〉,すべて漢文)。…

※「玄語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

玄語の関連キーワード三浦梅園旧宅化政文化江戸時代自然観老荘玄言

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android