コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉祖命 たまのおやのみこと

防府市歴史用語集の解説

玉祖命

 勾玉[まがたま]や管玉[くだたま]をつくる人々(玉造連[たまつくりのむらじ])の祖先神です。三種の神器[さんしゅのじんぎ]の1つ、八尺瓊勾玉[やさかにのまがたま]をつくった神様と言われています。

出典|ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たまのおやのみこと【玉祖命】

日本神話にみえる神の名。タマノヤノミコトともいい,豊玉(とよたま),天明玉(あめのあかるたま),櫛明玉(くしあかるたま)神などとも呼ばれる。名義は祭祀に用いる玉を作る人々の祖神。天照大神(あまてらすおおかみ)を天の岩屋戸から招き出す祭りのため八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)を作った。また天孫降臨に際して五伴緒(いつとものお)の一人として随伴した。以来,八尺瓊勾玉は三種の神器の一つとされた。この神は玉祖連,玉作部らの祖といわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

玉祖命の関連キーワード三種の神器(宝物)五伴緒神・五部神瓊瓊杵尊天明玉命玉祖神社櫛明玉神五伴緒神

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android