コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

珪肺(症) けいはいしょう Silicosis

翻訳|Silicosis

1件 の用語解説(珪肺(症)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

けいはいしょう【珪肺(症) Silicosis】

[どんな病気か]
 大地の主成分は太古の海に生息した珪藻(けいそう)という生物の骨格だったケイ素で、岩石や土を掘ったり、産業に利用したりすれば、ケイ酸主体の粉塵(ふんじん)が大量に出ます。
 各種の鉱山、トンネル工事、金属精練、陶磁器の製造、採石加工、鋳物(いもの)業など、ケイ砂や耐火レンガを使ったり製造する作業、グラインダーによる金属の研磨(けんま)(金属の粉塵よりもグラインダーから出るケイ砂の粉塵が大量で危険)、コンクリート建造物の建築や破壊、イグサの加工(色の鮮度を保つために泥を大量に塗り、乾燥すると、その粉が飛散)などに従事する人に、職業病として珪肺がおこることがあります。また、日本の炭坑は石炭層が薄く、石炭よりも岩盤を掘る作業が主で、岩盤からの粉塵を吸っておこる炭坑労働者の塵肺(じんぱい)(炭坑夫塵肺(たんこうふじんぱい))も一種の珪肺です。第二次大戦後、ソビエト連邦に抑留されて、鉱山で強制労働に従事した人には、シベリア珪肺がみられます。
 顕微鏡でみると、1~5μm(マイクロメートル)(1μmは1000分の1mm)ほどの小さなケイ酸粉塵のまわりに線維が増殖しているのがみえ、直径数mmまでの丸い珪肺結節(けっせつ)(粉塵と線維の集中したところ)が、両肺に無数にできますが、肺の上部に多くみられる傾向があります。
[症状]
 こうした病変により、肺の弾力性が失われ、肺の容量(肺に入る空気の量)が減少します。早期には、運動したときの息切れがおもな症状ですが、しばしば肺気腫(はいきしゅ)(「肺気腫」)のような変化や、慢性気管支炎(まんせいきかんしえん)をともなうため、症状は複雑となります。がんこなせき、たん、ぜんそくのような症状もみられます。
 また、ほかの塵肺にも共通することですが、肺結核(はいけっかく)や肋膜炎(ろくまくえん)、気胸(ききょう)、気管支拡張症(きかんしかくちょうしょう)をともないやすく、それぞれに特徴的な症状も現われます。しかし、基本的な症状にまぎれて、合併症の発見が遅れることもまれではありません。
 X線写真には、小さな粒状の陰影がちらばっており、これらがまとまった直径数cmの塊状陰影(かいじょういんえい)がみられることもあります。
 進行すると、呼吸能力が低下します(呼吸不全)。肺の毛細血管(もうさいけっかん)が減ることもあって肺高血圧症がおこり、心臓の負担が増加して肺性心(はいせいしん)(右心不全(うしんふぜん))がおこります。これも他の塵肺と共通し、動悸(どうき)、息切れ、むくみ、くちびるや爪(つめ)のチアノーゼなどが現われます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

珪肺(症)の関連キーワード主成分分析板ガラスペントサン主成分太古太古代何心地不死身黒錆THC

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone