コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

現先取引 げんさきとりひき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

現先取引
げんさきとりひき

債券を一定期間後 (通常1ヵ月から3ヵ月の場合が多い) に,買戻す (または売戻す) 条件付きで売却 (または買入れ) する取引をいう。現先市場におけるおもな売買主体は,事業法人,金融機関,証券会社,官公庁共済組合などで個人の参加は認められていない。現先取引は,短期資金の運用,調達の場として 1963年頃自然発生的に生れ,自由な市場として機能していることに特色がある。この点で現先利回りは企業の短期的資金需給を比較的忠実に表わす指標といえる。現先取引は,債券の条件付き売買であるが,実質的には金融取引の面を有している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

げんさき‐とりひき【現先取引】

一定期間後に一定の価格で、買い戻しまたは売り戻しをする条件をつけた国債・金融債などの取引。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

現先取引【げんさきとりひき】

一定期間後に一定の価格で買い戻す,または売り戻すことをあらかじめ契約した有価証券(特に公社債)の売買。実質的には,公社債の売手(買手)の立場では,公社債を担保として借入れ(貸付け)をするのと同じ効果がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

げんさきとりひき【現先取引】

一定期間後の買い戻し、売り戻しを約束して行われる債券の売買取引。企業や証券会社は短期資金を調達できる。条件付き売買。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

現先取引の関連キーワード金融調節債券現先

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android