琅玕(読み)ろうかん

精選版 日本国語大辞典「琅玕」の解説

ろう‐かん ラウ‥【琅玕】

〘名〙
① 碧玉に似た美しい宝石。また、美しいもののたとえ。江戸時代以来濃緑色の硬玉の勾玉(まがたま)をさすが、同色の硬玉・軟玉を広くいうこともある。
※文華秀麗集(818)中・奉和春閨怨〈巨勢識人〉「綺筵朝共琅玕食、錦褥夜同翡翠
※浄瑠璃・浦島年代記(1722)入部の「琅玕(ラウカン)の台を設け」 〔書経‐禹貢〕
② (その色彩・光沢から) 美しい竹の称。
※菅家文草(900頃)三・思家竹「三畝琅玕種有筠、始従旧宅小園分」 〔杜甫‐鄭駙馬宅宴洞中詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「琅玕」の解説

ろう‐かん〔ラウ‐〕【××玕】

暗緑色または青碧(せいへき)色の半透明の硬玉。また、美しいもののたとえ。
「楼に上(のぼ)れば―の柱、珊瑚の釘隠し」〈露伴・新浦島〉
《色が1に似るところから》青々とした美しい竹。
「三畝(さんぽ)の―種(う)ゑて筠(たかむな)あり」〈菅家文草・三〉
[補説]書名別項。→琅玕

ろうかん【琅玕】[書名]

中勘助詩集。昭和10年(1935)刊行

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例