硬玉(読み)こうぎょく(英語表記)jadeite; jade

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

硬玉
こうぎょく
jadeite; jade

NaAlSi2O 。アルカリ輝石の一種。ジェード輝石,翡翠輝石ともいう。単斜晶系。硬度 6.5~7,比重 3.5。無色,白,緑ないし青緑色でガラス光沢。劈開は{110}に完全。蛇紋岩に伴って産出する。古来,中国で (ぎょく) と呼ばれ宝石として珍重された。主としてミャンマー (ビルマ) 北部のカチン州に産し,まれにアメリカのカリフォルニア州,日本の新潟県,北海道でも産出する。なお,真正の硬玉は高価な本翡翠 (ひすい) で,翡翠のうち軟玉 (ネフライト nephrite) は透閃石,陽起石の集合体暗緑色硬度6~6.5。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

硬玉【こうぎょく】

ヒスイ輝石とも。輝石一種。緑色,青色または白色で半透明な鉱物で単斜晶系,へき開は良好。NaAlSi2O6。結晶は柱状,緻密(ちみつ)な塊状集合体として産する。硬度7,比重3.25。通常高圧下で生成し,変成岩中に産出。美しい緑色のものは宝石(ヒスイ)となり,中国では(ぎょく)として特に珍重。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

こうぎょく【硬玉】

翡翠ひすい輝石の微細結晶の集合体。色は白ないし緑で、透明または半透明。主産地はミャンマー。翡翠と呼ばれる宝石の典型的なもの。日本では新潟県の糸魚川市に産した。 ⇔ 軟玉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐ぎょく カウ‥【硬玉】

〘名〙 堅い玉。ふつう翡翠(ひすい)をいうことが多い。〔鉱物字彙(1890)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の硬玉の言及

【交易】より

…また琥珀(こはく)はバルト海沿岸の良質の品が青銅器時代から広くヨーロッパ各地に交易された。中国の雲南省や日本の新潟県姫川産の硬玉は装身具の材料として広く流通した。南海産の子安貝は旧石器時代のフランス,殷代の中国,縄文・弥生時代の日本の遺跡などで発見される。…

【ヒスイ(翡翠)】より

…鉱物学的にはヒスイ輝石(ジェダイトjadeite)の微細結晶の集合物である場合と,角セン石の微細結晶の集合物であるネフライトnephriteである場合とがある。前者を硬玉,後者を軟玉と呼ぶ。前者はモース硬度6.5~7,普通は半透明,不透明だが良質のものは透明に近く,希少性とともに珍重される。…

※「硬玉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

イオ・ミン ペイ

国籍米国専門建築家肩書I・Mペイ&パートナーズ社代表 米国芸術科学アカデミー会員生年月日1917/4/26出生地中国・広東省学歴マサチューセッツ工科大学(MIT)卒;ハーバード大学デザイン大学院修士課...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android