コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生く イク

デジタル大辞泉の解説

い・く【生く】

[動カ四]
生命を保つ。生存する。生きる。「―・ける屍(しかばね)」
「限りとて別るる道の悲しきに―・かまほしきは命なりけり」〈・桐壺〉
生き延びる。
「―・かん定辛くてこそ―・かめ」〈今昔・二三・二一〉
[動カ上二]い(生)きる」の文語形。
[動カ下二]い(生)ける」の文語形。
[補説]上代・平安時代には四段活用であったが、中世以降には上二段活用に変化し、のち一段活用となった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いく【生く】

( 動四 )
いきる(生) 」に同じ。 「思ふことならでは世中に-・きて何かせむ/竹取」 「我が命を-・かむと思ふ故か/今昔 25」 → 生きる
( 動上二 )
( 動下二 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

生くの関連情報