コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生く イク

デジタル大辞泉の解説

い・く【生く】

[動カ四]
生命を保つ。生存する。生きる。「―・ける屍(しかばね)」
「限りとて別るる道の悲しきに―・かまほしきは命なりけり」〈・桐壺〉
生き延びる。
「―・かん定辛くてこそ―・かめ」〈今昔・二三・二一〉
[動カ上二]い(生)きる」の文語形
[動カ下二]い(生)ける」の文語形。
[補説]上代・平安時代には四段活用であったが、中世以降には上二段活用に変化し、のち一段活用となった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いく【生く】

( 動四 )
いきる(生) 」に同じ。 「思ふことならでは世中に-・きて何かせむ/竹取」 「我が命を-・かむと思ふ故か/今昔 25」 → 生きる
( 動上二 )
( 動下二 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

生くの関連キーワード葉山嘉樹(1894~1945)イワン・イリイッチの死葉山 嘉樹皇后美智子タイラント本因坊算砂スクラップ石丸 梧平新傾向俳句暁烏 敏前田夕暮虚心平気ぎくぎく繰延べる路傍の石葉山嘉樹てんきり時無し金素雲珍無類

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android