生ける(読み)イケル

デジタル大辞泉「生ける」の解説

い・ける【生ける/活ける】

[動カ下一][文]い・く[カ下二]《「生きる」に対して「生かす」の。花などを生かしておくというところから》
眺めて楽しむために花や枝などを形を整えて花器に挿す。「を―・ける」
草木を植える。「草花を―・ける」

㋐命を保たせる。生き続けさせる。
「これらを―・けて媒鳥をとりにて取らば」〈宇津保藤原の君〉
㋑生き返らせる。
「この馬―・けてはらむ」〈古本説話集・五八〉
㋒魚を生かして飼う。
「(すずきヲ)生洲いけすへ―・けておきました所が」〈八笑人・三〉

いけ‐る【生ける】

[連語]《動詞「い(生)く」(四段)の已然形+完了の助動詞「り」の連体形》生きている。「生きとし生けるもの」
[補説]現代語では「生けるがごとく」のような文語表現や連体詞のように用いることが多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android