コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生クリーム ナマクリーム

デジタル大辞泉の解説

なま‐クリーム【生クリーム】

牛乳から分離・抽出した脂肪分。洋菓子材料やコーヒー添加用などにする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

生クリーム【なまクリーム】

クリーム

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

生クリーム

 クリーム分離機で採取した殺菌前のクリーム.製菓用には殺菌して用いることがある.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

なまクリーム【生クリーム】

牛乳のなかの脂肪分を分離した、乳白色で濃度のある液体。また、これをそのまま、または砂糖を加えて泡立てたもの。西洋料理・洋菓子・コーヒーなどに用いる。◇「クリーム」ともいう。泡立てたものは「ホイップクリーム」「シャンティイ」「クレームシャンティイ」ともいう。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

なまクリーム【生クリーム】

牛乳から分離したての新鮮なクリーム。料理や菓子の材料とする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生クリーム
なまくりーむ

牛乳から遠心分離法によって比重の軽い乳脂肪分を抽出したものをクリームといい、そのまま加熱殺菌冷却したものをフレッシュクリーム、乳酸菌で発酵させたものをサワークリームという。生クリームとは、発酵などの処理を加えていないという意味で、フレッシュクリームと同義の通称である。一般に乳脂肪18~50%の範囲のものが市販されている。乳脂肪18~20%のものをライトクリームともよび、コーヒー添加用に多く用いられる。40~50%のものをヘビークリーム、ダブルクリームなどとよび、調理製菓用に利用される。[新沼杏二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の生クリームの言及

【クリーム】より

…規格上は乳脂肪18.0%以上と定められていて,以下のような各種のクリームが製造されている。なお市販のクリームはすべて殺菌処理がなされており,生クリームというのは俗称である。(1)コーヒークリーム 乳脂肪分18~20%の製品で,テーブルクリームともいわれる。…

※「生クリーム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

生クリームの関連キーワード小岩井 プレミアムクリームヨーグルト グルメファン小岩井 まきばヨーグルト こだわりクリーミークラフトフィラデルフィアクリームチーズ雪印 生クリーム仕立てのマーガリンニューイングランドクラムチャウダーグリコミルクリッチカフェオーレサワークリームドレッシング小岩井 ミルクとコーヒーミルキープレミアムミルク北海道純生サンドきのらデコレーションケーキMEGMILKましろボストンクリームパイウィンナーコーヒーチョコレートパフェチョコレートソースクリームシャンティアイリッシュ珈琲クリームシチューice cake

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

生クリームの関連情報