コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生江孝之 なまえたかゆき

4件 の用語解説(生江孝之の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生江孝之
なまえたかゆき

[生]慶応3(1867).仙台
[没]1957
キリスト教社会事業家。青山学院神学部卒業。英米の社会事業を見聞して近代社会事業理論の導入をはかり,監獄改良などに尽力した。また社会事業専門教育における先覚者としても知られる。主著『社会事業綱要』 (1923) ,『日本基督教社会事業史』 (35) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

生江孝之 なまえ-たかゆき

1867-1957 明治-昭和時代の宗教家,社会事業家。
慶応3年11月12日生まれ。アメリカボストン大で社会学,神学をまなぶ。東京基督(キリスト)教青年会や東京府社会事業協会の理事をつとめ,大正7年日本女子大教授。社会事業の研究,発展につくした。昭和32年7月31日死去。89歳。陸奥(むつ)仙台出身。青山学院卒。著作に「日本基督教社会事業史」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

なまえたかゆき【生江孝之】

1867‐1957(慶応3‐昭和32)
明治・大正・昭和にわたる社会事業界の理論および実践上の著名な指導者として,留岡幸助山室軍平牧野虎次(1871‐1964)等とともに記憶さるべきキリスト者。仙台に生まれ,青山学院で神学,1902年からボストン大学で宗教学,社会学を学び,特に社会事業創成期のアメリカの新機運に触れ,また欧米諸国を歴訪して,海外の新知識を日本的土壌に着実に開花させるために,非凡の努力を傾注した。1908年以後,内務省嘱託,18‐44年には日本女子大学教授として社会事業講座を担当し,その該博な知識,誠実な人柄,爽やかな話術には,学界と現場を魅する独特なものがあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生江孝之
なまえたかゆき
(1867―1957)

キリスト教社会事業家。仙台藩士の家に生まれ、1886年(明治19)受洗。北海道伝道開拓に従事したのち1899年青山学院神学部を卒業。1902年(明治35)からボストン大学で神学、社会学を学ぶ。ついで成立期にあった欧米の社会事業を視察。1908年以降内務省嘱託として、日本の社会事業の成立、進展に貢献した。1918年(大正7)以後日本女子大学講師(のち教授)を務めた(1944年まで)ほか、同志社大学など数校で社会事業を講じ、社会事業従事者多数を育成した。著書に『社会事業綱要』(1923)、『日本基督(キリスト)教社会事業史』(1931)などがある。[一番ケ瀬康子]
『一番ケ瀬康子編・解説『社会福祉古典叢書4 生江孝之集』(1983・鳳書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生江孝之の関連キーワード三井高棟社会事業ハウ日本社会事業大学岩田きぬ孝橋正一高島巌長谷川良信牧野虎次渡辺鶴代

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone