コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生紙 キガミ

デジタル大辞泉の解説

き‐がみ【生紙】

生漉(きず)き紙」に同じ。
熟紙(じゅくし)に対し、加工を施していないすいたままの和紙

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きがみ【生紙】

生漉きずき紙 」に同じ。
漉いたままで手を加えてない紙。素紙そし。せいし。

せいし【生紙】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生紙
きがみ

いわゆる生漉(きず)き紙のことで、米糊(こめのり)などを加えずに純粋な材料だけで漉いた和紙。また、つや出しなどの加工をいっさい施さない漉いたままの和紙をいう。熟紙(じゅくし)(漉いた後なんらかの加工を施した紙)に対する語で、749年(天平勝宝1)の『正倉院文書』に初めて用語例がみられる。
 北飛騨(ひだ)(岐阜県)の方言では一般に手漉き和紙のことをさすが、岩手県上閉伊(かみへい)郡では美濃(みの)紙を意味することもある。[町田誠之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の生紙の言及

【和紙】より

…しかし,《正倉院文書》などの調査によると,麻紙とされた紙にも,コウゾやガンピを混ぜて使用したものがあるという。麻紙の紙肌は粗く,筆で書きにくいので,写経所などでは牙などで磨く瑩紙(えいし)や槌でたたく打紙(うちがみ)などの加工を施した(瑩紙や打紙などの加工を施した紙を熟紙(じゆくし)といい,漉き上げたままの加工されていない紙を生紙(きがみ)と呼び,区別されていた)。また麻の繊維は長くて強靱なため,5mmほどの長さにいちいち切断するか,麻布を臼でひくなどの原料処理の手間がかかる。…

※「生紙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

生紙の関連キーワードポスト・イット 再生紙 ポップアップ製品ネージュスタイリッシュカラーティシュフルーツバスケット マスカットフルーツバスケット ラフランスフルーツバスケット チェリーフルーツバスケット ピオーネスバル 抗菌シートペーパーニオイをとる敷砂 小動物用フルーツバスケット ピーチスコッティ フレグランスカラーポプラリバーシブルネージュセレクトティシュイトマンECOティシュ新潟県柏崎市高柳町門出スバル シートペーパービグリーン とじノートすずらん万能コアレスローヤルティッシュママクックティシュ新生紙パルプ商事

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android