生者必滅(読み)しょうじゃひつめつ

日本大百科全書(ニッポニカ)「生者必滅」の解説

生者必滅
しょうじゃひつめつ

生命あるものはかならず死滅するときがくるという、現象世界の無常なることを味する。『大般涅槃経(だいはつねはんぎょう)』寿命品(じゅみょうぼん)の「一切諸世間(いっさいしょせけん)、生者皆帰死(しょうじゃかいきし)、寿命雖無量(じゅみょうすいむりょう)、要必当有尽(ようひつうじん)」(いかなる世にあっても、生あるものはかならず死滅する。寿命は本来は無量であるが、現象世界ではかならず尽きることがある)に由来する。『平家物語』巻10には「生者必滅会者定離(えしゃじょうり)はうき世の習にて候なり」とあり、「会者定離」(会うものはきっと離れる定めにある)と対句的に用いられる。謡曲『熊野(ゆや)』にもみられ、仏教の無常観の日本的受容を示す語である。

[石川力山]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「生者必滅」の解説

生者必滅
しょうじゃひつめつ

仏教用語。無常,またはを表現する言葉で,ひとたび生れたものは,必ず滅びさるという意。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「生者必滅」の解説

しょうじゃ‐ひつめつ シャウジャ‥【生者必滅】

〘名〙 仏語。生命あるものは必ず死ぬときがあるということ。人生の無常をいう語。
※性霊集‐八(1079)孝子為先妣周忌図写供養両部曼荼羅大日経講説表白文「生者必滅、即人之定則」
※俳諧・父の終焉日記(1801)五月二〇日「況や、生者必滅会者定離の世のならひ」
[語誌](1)「北本涅槃経‐二」などに由来すると思われるが、表白文、講式を介して定着したものか。中世軍記物以降、「会者定離」と対句的に用いられることが多い。
(2)意味の近い「盛者必衰」の語は「仁王経」などの仏典に見られるが、日本では「生者必滅」と混同して用いられることも多い。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典「生者必滅」の解説

生者必滅

仏教で、生命あるものは必ず死ぬときがあるということ。人生の無常をいう語。

[使用例] 万一の事を考えると今の内に有為転変の理、生者必滅の道を説き聞かして、もしもの変が起こった時取り乱さないくらいの覚悟をさせるのも、夫の妻に対する義務ではあるまいかと考え出した[夏目漱石*吾輩は猫である|1905~06]

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

デジタル大辞泉「生者必滅」の解説

しょうじゃ‐ひつめつ〔シヤウジヤ‐〕【生者必滅】

無常なこの世では、生命あるものは必ず死ぬときが来るということ。「生者必滅、会者定離(えしゃじょうり)」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android