コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生者必滅 しょうじゃひつめつ

4件 の用語解説(生者必滅の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生者必滅
しょうじゃひつめつ

仏教用語。無常,または苦を表現する言葉で,ひとたび生れたものは,必ず滅びさるという意。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しょうじゃ‐ひつめつ〔シヤウジヤ‐〕【生者必滅】

無常なこの世では、生命あるものは必ず死ぬときが来るということ。「生者必滅会者定離(えしゃじょうり)」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しょうじゃひつめつ【生者必滅】

〘仏〙 生あるものは必ず死ぬということ。世の中がはかないことにいう。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生者必滅
しょうじゃひつめつ

生命あるものはかならず死滅するときがくるという、現象世界の無常なることを意味する。『大般涅槃経(だいはつねはんぎょう)』寿命品(じゅみょうぼん)の「一切諸世間(いっさいしょせけん)、生者皆帰死(しょうじゃかいきし)、寿命雖無量(じゅみょうすいむりょう)、要必当有尽(ようひつうじん)」(いかなる世にあっても、生あるものはかならず死滅する。寿命は本来は無量であるが、現象世界ではかならず尽きることがある)に由来する。『平家物語』巻10には「生者必滅会者定離(えしゃじょうり)はうき世の習にて候なり」とあり、「会者定離」(会うものはきっと離れる定めにある)と対句的に用いられる。謡曲『熊野(ゆや)』にもみられ、仏教の無常観の日本的受容を示す語である。[石川力山]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生者必滅の関連キーワード盛者必衰生き身は死に身仮の世香餌の下必ず死魚あり死生命あり生ある者は必ず死あり必死文事ある者は必ず武備あり無常門始め有るものは必ず終わり有り

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

生者必滅の関連情報