コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生者必滅 しょうじゃひつめつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生者必滅
しょうじゃひつめつ

仏教用語。無常,またはを表現する言葉で,ひとたび生れたものは,必ず滅びさるという

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しょうじゃ‐ひつめつ〔シヤウジヤ‐〕【生者必滅】

無常なこの世では、生命あるものは必ず死ぬときが来るということ。「生者必滅、会者定離(えしゃじょうり)」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうじゃひつめつ【生者必滅】

〘仏〙 生あるものは必ず死ぬということ。世の中がはかないことにいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生者必滅
しょうじゃひつめつ

生命あるものはかならず死滅するときがくるという、現象世界の無常なることを意味する。『大般涅槃経(だいはつねはんぎょう)』寿命品(じゅみょうぼん)の「一切諸世間(いっさいしょせけん)、生者皆帰死(しょうじゃかいきし)、寿命雖無量(じゅみょうすいむりょう)、要必当有尽(ようひつうじん)」(いかなる世にあっても、生あるものはかならず死滅する。寿命は本来は無量であるが、現象世界ではかならず尽きることがある)に由来する。『平家物語』巻10には「生者必滅会者定離(えしゃじょうり)はうき世の習にて候なり」とあり、「会者定離」(会うものはきっと離れる定めにある)と対句的に用いられる。謡曲『熊野(ゆや)』にもみられ、仏教の無常観の日本的受容を示す語である。[石川力山]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

生者必滅の関連キーワード世・井・凄・制・勢・声・姓・婿・征・性・成・掣・政・整・斉・星・晴・棲・正・歳・清・牲・生・盛・省・穽・精・聖・聲・臍・製・西・誓・誠・請・逝・醒・青・靖・静・靜・齊生き身は死に身世の中司馬遷

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android