生蕎麦(読み)キソバ

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

きそば【生蕎麦】

つなぎの小麦粉を混ぜずに、そば粉だけで作ったそば。また、単にそばをいうこともある。◇江戸時代、そばの普及に伴い、小麦粉を混ぜて作ったそばにの低下したものが増えると、高級店ではそば粉だけで打つ「生そば」を看板とした。こんにちでは、そば粉だけで作ったそばをいうほか、粉の配合にかかわらず、そば店ののれん・看板などに、一般的に用いる。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

きそば【生蕎麦】

純粋なそば粉を用い、ほんの少量のつなぎを加えただけのそば。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

き‐そば【生蕎麦】

〘名〙 そば粉だけで、混ぜもののはいらないそば。また、それに近いそばのでいう。
※浮世草子・風俗遊仙窟(1744)一「生蕎麦(キソバ)めづらしくやありけん」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アノミー

もとは「神法の無視」「無規則性」を意味するギリシア語の anomiaが語源であるが,フランスの社会学者 É.デュルケムが,近代に移行する過程で,それまで人間の行為を規制してきた伝統的価値や,社会的規準...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android