夜鷹蕎麦(読み)ヨタカソバ

デジタル大辞泉の解説

よたか‐そば【夜×鷹蕎麦】

夜間、街頭に出てそばを売り歩く商人。また、そのそば。夜鳴きそば。 冬》「みちのくの雪降る町の―/青邨

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

よたかそば【夜鷹蕎麦】

夜間、屋台で売り歩くそば。また、そのそば屋。夜鳴きそば。 [季] 冬。 《 みちのくの雪降る町の- /山口青邨 》 → 夜鳴き饂飩うどん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

よたか‐そば【夜鷹蕎麦】

〘名〙 夕方から深夜まで街頭で蕎麦を売り歩く商人。また、その売っている蕎麦。夜鷹そばきり。夜鷹そばや。夜そばうり。夜なきそば。よたそ。よたか。《季・冬》
※雑俳・川柳評万句合‐宝暦一〇(1760)義三「まよひ子に草臥れはてて夜たかそば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android