二八蕎麦(読み)ニハチソバ

デジタル大辞泉の解説

にはち‐そば【二八蕎麦】

うどん粉とそば粉の割合を2対8でつくったそば。また、そば粉2、うどん粉8の割合でつくった下等なそば。1杯16文の安価なそばをさしたともいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

にはちそば【二八蕎麦】

そば粉を8に対し、つなぎの小麦粉を2の割合で打ったそば。◇古く、慶応年間(1865~1868)以前には、2×8=16で、1杯16文のそばをいったとされる。時代が下って小麦粉を混ぜて作ったそばに質の低下したものが増えると、「二八そば」はそのような安価なそばの代名詞のように用いられ、高級店ではそば粉だけで打つ「生そば」を看板とした。こんにちでは単に配合をいい、そばの質や店の格とは無関係に用いる。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

にはちそば【二八蕎麦】

うどん粉二分、そば粉八分の割合で作ったそば。二八の洒落しやれで、一杯一六文のそばをさすともいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

にはち‐そば【二八蕎麦】

〘名〙 そば粉八、うどん粉二の割合で作ったそば。後には、そば粉二、うどん粉八の割で作った下等のそばをいい、また、江戸末期、価が一杯一六文であるところから「二八、一六」で、「二八」はその価を示すとも考えられた。二八蕎麦切。二八の蕎麦。
※俳諧・七番日記‐文化一三年(1816)「蓮咲くや八文茶漬二八そば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二八蕎麦の関連情報