生駒(市)(読み)いこま

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生駒(市)
いこま

奈良県北西端にある市。1971年(昭和46)市制施行。市域は生駒山地東斜面から矢田丘陵西斜面にかけて広がり、南北に細長く、北部の富雄(とみお)川上流域と南部の生駒川(竜田川)上流域の2地域に分かれる。中央部を東西に近畿日本鉄道奈良線・けいはんな線、阪奈道路が走り、北に国道163号、南に国道308号、南北に168号が通じる。また、近鉄生駒駅から生駒線が南へ延び、JR関西本線王寺駅(王寺町)に接続する。かつては農山村であったが、1914年(大正3)に当時日本最長の複線トンネルの生駒トンネルが完成し、大阪―奈良間に大阪電気軌道線(現、近鉄奈良線)が開通すると、生駒山の東山腹にある名刹(めいさつ)宝山寺(ほうざんじ)の門前町として急速に発展した。その後も山上へのケーブル、信貴(しぎ)生駒電鉄(現、近鉄生駒線)などが開通し、第二次世界大戦後、阪奈道路、新生駒トンネルが完成すると、大阪への時間距離はいっそう短縮され、大阪からの人口流入が行われ、ベッドタウン化が進んだ。1986年に近鉄東大阪線(2006年けいはんな線に改称)、1997年に第二阪奈有料道路が開通した。最近では、奈良先端科学技術大学院大学や高山(たかやま)サイエンスプラザのほか、民間の研究施設も相次いで開設され、研究学園都市としても発展している。農業はきわめて零細で農地は宅地開発で減少する一方である。北部の高山地区では編み針、竹製茶道具生産が盛んで、とくに室町時代に高山宗砌(そうぜい)が始めたという茶筅(ちゃせん)製造は有名である。生駒山は林立するテレビ塔と100万ドルの夜景で知られ、生駒山上遊園地がある。その中腹にある宝山寺は真言律宗の大本山で、聖天堂(しょうてんどう)の歓喜天(かんぎてん)は「生駒の聖天さん」として親しまれている。山麓(さんろく)には大規模な生駒山麓公園が広がる。一帯は金剛生駒紀泉国定公園に含まれる。また、市の北西部には黒添(くろんど)池があり、その周囲は自然公園になっている。長福寺(本堂は国指定重要文化財)、長弓寺(ちょうきゅうじ)(本堂は国宝)などの古寺がある。面積53.15平方キロメートル、人口11万8233(2015)。[菊地一郎]
『『生駒市誌』全6巻(1974~1985・生駒市)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

生駒(市)の関連情報