コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生駒[市] いこま

2件 の用語解説(生駒[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

生駒[市]【いこま】

奈良県北西端の市。1971年市制。中心市街は生駒山中腹の宝山寺の門前町として発達,金剛生駒紀泉国定公園の観光基地で近鉄奈良線,生駒線,阪奈道路が通じ,住宅地化,人口増加が著しい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いこま【生駒[市]】

奈良県の北西端にある市。1971年市制。人口10万6726(1995)。西は生駒山地で大阪府と境され,東は矢田丘陵で奈良市と接する。両山地間の南部を生駒川が,北部を富雄川が南流している。旧生駒町は生駒聖天として親しまれる生駒山中腹の宝山寺の門前町で,1914年新生駒トンネルの貫通により大阪と奈良とを結ぶ鉄道が開通(現,近鉄奈良線),さらに18年日本最初のケーブルカーの完成により一層にぎわうようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

生駒[市]の関連キーワード本郷直樹奈良富士子杉田二郎ECGI(電子制御式ガソリン噴射装置)仮面ライダーさるとびエッちゃんタイガーマスクふしぎなメルモアフリカ映画甘え

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone