コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生駒[市] いこま

百科事典マイペディアの解説

生駒[市]【いこま】

奈良県北西端の市。1971年市制。中心市街は生駒山中腹の宝山寺門前町として発達,金剛生駒紀泉国定公園の観光基地で近鉄奈良線,生駒線,阪奈道路が通じ,住宅地化,人口増加が著しい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いこま【生駒[市]】

奈良県の北西端にある市。1971年市制。人口10万6726(1995)。西は生駒山地で大阪府と境され,東は矢田丘陵奈良市と接する。両山地間の南部を生駒川が,北部を富雄川が南流している。旧生駒町は生駒聖天として親しまれる生駒山中腹の宝山寺の門前町で,1914年新生駒トンネルの貫通により大阪と奈良とを結ぶ鉄道が開通(現,近鉄奈良線),さらに18年日本最初のケーブルカーの完成により一層にぎわうようになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

生駒[市]の関連キーワードマズロー阿賀野川水銀中毒事件周恩来シーゲル立木義浩寺村輝夫東松照明ビーティーファスビンダー宇宙開発史(年表)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android