コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中長兵衛 たなか ちょうべえ

江戸・東京人物辞典の解説

田中長兵衛

1858〜1924(安政5年〜大正13年)【実業家】日本で初のコークス製鉄技術を確立。 挫折しかけた近代製鉄業を救った。明治・大正期の実業家。江戸大根河岸の鉄金物問屋の子として生まれた。製鉄事業には素人なだったが官営で行きづまった釜石鉱山を買い取り、横山久太郎とともに再興に尽力した。1884年(明治17)に認可を受け、2年間の度重なる失敗を乗り越え、コークス高炉の操業に見事成功した。1924年(大正13)第一次大戦後の不況と大震災で経営が破綻、三井鉱山に吸収された。

出典 財団法人まちみらい千代田江戸・東京人物辞典について 情報

朝日日本歴史人物事典の解説

田中長兵衛

没年:明治34.11.7(1901)
生年:天保5(1834)
幕末明治期の実業家。官営釜石鉱山の払い下げを受けた鉄問屋。遠江国(静岡県)の生まれ。江戸に出て釘鉄銅商の鉄屋喜兵衛に就き鉄屋の屋号で麻布飯倉で独立。三田の薩摩藩屋敷に出入りするうち同藩兵糧方となり,京橋北紺屋町で米穀商を営む。維新後は西郷隆盛や松方正義らの知遇を得て陸海軍の鉄材・兵糧御用達鉄屋長兵衛で知られる。海軍工廠の造船材料を扱う鉄屋横須賀支店長が女婿横山久太郎(1855~1921,初代田中製鉄所所長)である。工部省は幕末に大島高任が建設した旧高炉を壊し,英式25t高炉2基に官業中最多額237万円を投下,明治13(1880)年9月に岩手県釜石で製鉄を開始(官営釜石鉱山)するが失敗,15年12月に廃止が決定された。残品,鉱石売却のため呼ばれた長兵衛は再興を決意,大島高任型小高炉を築造,操業するが失敗。ところが高炉主任高橋亦助の夢枕に老人が現れ,これまで不良として棄てていた鉱石の製錬を勧めたとされ,翌日その通りに49回目の操業を行うと見事成功,この19年10月16日が釜石製鉄所の起業記念日となる。20年3月4日松方正義蔵相あて上願書を提出,払い下げを受けて英式高炉も再建し,同年7月釜石鉱山田中製鉄所を創立,鋼の製出はできなかったが八幡製鉄所操業安定までの銑鉄供給の役割を果たす。長男安太郎(1858~1924)が2代目長兵衛を継ぎ,大正6(1917)年3月株式組織の田中鉱山となるが,第1次世界大戦後の不況もあり13年7月3日に三井鉱山が買収,釜石鉱山(株)となる。<参考文献>釜石製鉄所編『横山久太郎翁伝』,同『釜石製鉄所七十年史』,小林正彬『日本の工業化と官業払下げ』

(小林正彬)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

田中長兵衛の関連キーワード田中 長兵衛(2代目)田中長兵衛(2代)10月20日4月29日田中市兵衛実躬卿記矢野夜潮きせる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android