田作(読み)でんさく

精選版 日本国語大辞典の解説

た‐さく【田作】

〘名〙
の作物、すなわち稲。
※天草本平家(1592)二「ヒャウラウガ ツクレバ tasacu(タサク)ヲ カリヲサメテ ヨセ」
② 田を作って農作物を栽培すること。農業を営むこと。
※苦の世界(1918‐21)〈宇野浩二〉一「もともと詩作と田作(タサク)はべつべつで」

た‐づくり【田作】

〘名〙 (「たつくり」とも)
① 田を作ること。また、その人。〔新撰字鏡(898‐901頃)〕
※今昔(1120頃か)三〇「下衆(げす)の為(す)る田作り・畠作り」
② 小さな片口鰯(かたくちいわし)を素干(すぼ)しにした乾物を、炒(い)って醤油、砂糖、みりんを煮つめて甘辛くした汁をからめたもの。正月用の祝肴に用いる。ごまめ。《季・新年》
御伽草子・猫の草紙(江戸初)「たつくりに、にしん・から鮭などを、朝夕のゑじきには如何」 〔俳諧・増山の井(1663)〕

でん‐さく【田作】

〘名〙 田畑を耕作すること。農作。
※大観本謡曲・御裳濯(1595頃)「田作の翁のありしが」 〔戦国策‐燕策・文公〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の田作の言及

【ごまめ】より

…小型のカタクチイワシを素干しにしたもの。田作(たづくり)ともいい,女房詞では〈ことのはら〉といった。田作はほしか(干鰯)同様に田畑の肥料にしたための名で,これを豊作の予祝の意とし,あるいは,ごまめを健康の意の〈まめ〉と取ってめでたい食品とし,祝儀や正月の膳に用いた。…

※「田作」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

田作の関連情報