コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田園交響楽 デンエンコウキョウガク

3件 の用語解説(田園交響楽の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

でんえんこうきょうがく〔デンヱンカウキヤウガク〕【田園交響楽】

《原題、〈フランスLa Symphonie pastoraleジードの小説。1919年刊。盲目の少女と育て親である牧師夫妻およびその息子を主要人物に、少女をめぐる愛と信仰の確執を描く。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

でんえんこうきょうがく【田園交響楽】

ジードの小説。1919年刊。盲目の少女の養い親である牧師とその息子との、少女をめぐる愛と信仰の確執が、やがて手術により開眼した少女を自殺に追いつめるまでを描く。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田園交響楽
でんえんこうきょうがく
La Symphonie pastorale

フランスの作家アンドレジッド中編小説。1919年発表。主人公の牧師は身寄りのない盲目の少女を引き取って養育しているうちに、少女に愛を覚えてついに肉体を所有する。牧師の感化で人生を美しいものと信じていた少女は、手術で開眼して現実を見るや、自分の罪を悟って自殺する。第一次世界大戦中、福音(ふくいん)書に読みふけったジッドは、キリストのことばのなかには戒律や禁止はない、キリストの教えているものはひたすら愛であると解釈したが、この自由解釈は挫折(ざせつ)した。だが少女が牧師の息子によって改宗させられなかったら自殺しなかったのではないか、いいかえれば、少女はカトリック的な罪悪感の犠牲になったのではないか、という疑問も提出している。[新庄嘉章]
『『田園交響楽』(川口篤訳・岩波文庫/神西清訳・新潮文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田園交響楽の関連キーワードフランス組曲悲愴フランス窓ロランの歌フランス刺繍フランスソワールマンデスフランスアッシャー家の末裔ジャンガダフランス白粉の秘密

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

田園交響楽の関連情報