コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

由旬 ゆじゅん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

由旬
ゆじゅん

サンスクリット語 yojana音写。兪旬,踰繕那などと書くこともある。インドにおける里程の単位で,帝王軍勢が1日に行進する距離とされ,中国の 40里 (1里は約 405m) にあたるとされるが,30里とも 60里ともいわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ゆじゅん【由旬】

《〈梵〉yojanaの音写》古代インドの距離の単位の一。1由旬は、牛車の1日の行程をさし、約7マイルあるいは約9マイルなど諸説ある。中国では6町を1里として、40里または30里あるいは16里にあたるとした。ヨージャナ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆじゅん【由旬】

古代インドでの距離の一単位。帝王の軍隊が一日に進む距離といわれ、約10キロメートル、約15キロメートルなど諸説ある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の由旬の言及

【劫】より

…1劫の長さは仏典では種々の比喩で説かれている。〈盤石(ばんじやく)劫〉の比喩によると,1辺1由旬(ゆじゆん)yojana(約7km)の立方体をした硬い岩を柔らかいカーシ産の綿布で100年に1度ずつ払いつづけ,岩がようやく磨滅しても1劫はまだ終わらない。劫は元来〈期間〉の意味なので,上記の劫以外に,これと長さの異なる種々の劫がある。…

※「由旬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

由旬の関連キーワードサンスクリット語山岳信仰曼陀羅華閻浮提須弥山金輪際軍隊竜宮

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

由旬の関連情報