コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

由比忠之進 ゆい ちゅうのしん

2件 の用語解説(由比忠之進の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

由比忠之進 ゆい-ちゅうのしん

1894-1967 昭和時代のエスペランティスト,反戦運動家。
明治27年10月11日生まれ。大正10年ごろからエスペラントをまなぶ。昭和13年満州(中国東北部)へわたり24年帰国。エスペラントの普及と反戦運動に従事する。昭和42年11月12日ベトナム戦争に協力する佐藤栄作首相の訪米に抗議して,首相官邸前で焼身自殺した。73歳。福岡県出身。東京高工(現東京工業大)卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

由比忠之進
ゆいちゅうのしん
(1894―1967)

エスペランティスト。福岡県生まれ。1919年(大正8)東京高等工業学校卒業。21年ごろからエスペラントを学び始める。特許事務所に勤務したのち、木工の技術を習って家具屋を経営し、30年(昭和5)名古屋放送局勤務。32年名古屋エスペラント会創立に参加。38年満州製糸に入社して渡満。日中戦争を正義の戦争と信じ、敗戦により打撃を受け、戦後贖罪(しょくざい)の意識から、一時、一燈園(いっとうえん)に入る。51年(昭和26)愛知県平和委員会と接触をもち、以後平和運動に打ち込む。56年には世界エスペラント運動(MEM)の日本代表として訪中。67年11月、アメリカのベトナム戦争に協力する佐藤栄作首相の訪米に抗議して首相官邸前で焼身自殺した。[北河賢三]
『思想の科学研究会編『埋もれた精神』(1981・思想の科学社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

由比忠之進の関連キーワードエスペランスエス語エスペランサ西成甫長谷川テルエスペランチストエースペラ伊東三郎小坂狷二野原休一

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

由比忠之進の関連情報