コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

由良湊千軒長者 ゆらのみなとせんげんちょうじゃ

世界大百科事典 第2版の解説

ゆらのみなとせんげんちょうじゃ【由良湊千軒長者】

人形浄瑠璃。時代物。3段。通称《山荘太夫》。竹田小出雲(3世竹田出雲),近松半二三好松洛の合作。1761年(宝暦11)5月大坂竹本座初演。説経節《山荘太夫》によって広く知られた安寿姫厨子王人買い譚の世界を題材とする。直接には初世竹田出雲作《三荘太夫五人嬢(むすめ)》(1727,竹本座初演)に拠っている。岩木判官の北の方とその子安寿と対王丸(つしおうまる)は,父を暗殺され,館を追われ,落ち行く途中,人買いの手にかかり別々に売られてしまう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

由良湊千軒長者の関連キーワード人形浄瑠璃山椒太夫源氏節

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android