コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甲申事変 コウシンジヘン

デジタル大辞泉の解説

こうしん‐じへん〔カフシン‐〕【甲申事変】

1884年(甲申(きのえさる)の年)朝鮮のソウルで、日本の援助を得て開化派(独立党)が起こしたクーデター。清国軍の介入で失敗した。甲申の政変。→天津(てんしん)条約

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

甲申事変【こうしんじへん】

甲申政変

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

甲申事変の関連キーワード竹添進一郎中野信陽アストン天津条約徐載弼脱亜論朴泳孝徐光範井上馨袁世凱

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android