コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

町版 マチハン

4件 の用語解説(町版の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

まち‐はん【町版】

民間の本屋などで出版した本。坊刻本。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

まちはん【町版】

民間の出版を業とする本屋などが出版した本。官版・勅版に対していう。坊刻本。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

町版
まちばん

民間で営利を目的とした書店刊行の書籍。勅版、官版、藩版、寺院版に対する。広い意味で私版を含めていう場合もある。日本の書物で本屋の名のあるものは、1609年(慶長14)京都の本屋新七刊行の『古文真宝後集』が古く、1608年『五家正宗讃(ごけしょうしゅうさん)』を刊行した中村長兵衛尉、1614年『遍照発揮性霊集』を刊行した寺町の市右衛門も書肆(しょし)と思われ、また仮名抄などに「本能寺前町開板」の刊記のあるものがある。漢語では坊刻版、坊刻本、坊板、坊本などの称があり、坊は商店をいう。中国では宋(そう)代に民間の本屋が現れ、臨安、福建に多くあった。南宋の臨安のものを書棚本、棚本といい(棚は小屋がけの意)、宋末以後明(みん)代までの建安(福県省建寧府建安県麻沙鎮)のものを麻沙(まさ)本といい、麻沙本は校訂が一般に粗雑といわれている。[柴田光彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典の解説

町版

江戸時代の出版を営業とする書店(書肆)の出版物.日本では17世紀前半頃から営業出版が行われ始めるが,本格的になるのは同世紀半ば頃からである.町版の成立には,比較的製作費が安価な木活字による印刷が16世紀末から17世紀初めにかけて行われ始めたことが関係している.しかし,木活字による印刷では,多くの部数を印刷したり,必要に応じて刷り増ししたりすることができなかったので,本格的な営業出版が行われるようになると,もっぱら整版印刷(木版印刷)によることになった.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

町版の関連キーワード家刻本私家版私版重板書肆絶版坊刻模刻本洋本地本問屋

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

町版の関連情報