町版(読み)マチハン

  • ちょうはん チャウ‥
  • まちばん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

民間で営利を目的とした書店刊行の書籍。勅版、官版、藩版、寺院版に対する。広い意味で私版を含めていう場合もある。日本の書物で本屋の名のあるものは、1609年(慶長14)京都の本屋新七刊行の『古文真宝後集』が古く、1608年『五家正宗讃(ごけしょうしゅうさん)』を刊行した中村長兵衛尉、1614年『遍照発揮性霊集』を刊行した寺町の市右衛門も書肆(しょし)と思われ、また仮名抄などに「本能寺前町開板」の刊記のあるものがある。漢語では坊刻版、坊刻本、坊板、坊本などの称があり、坊は商店をいう。中国では宋(そう)代に民間の本屋が現れ、臨安、福建に多くあった。南宋の臨安のものを書棚本、棚本といい(棚は小屋がけの意)、宋末以後明(みん)代までの建安(福県省建寧府建安県麻沙鎮)のものを麻沙(まさ)本といい、麻沙本は校訂が一般に粗雑といわれている。

[柴田光彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

図書館情報学用語辞典 第5版の解説

江戸時代の出版を営業とする書店書肆)の出版物.日本では17世紀前半頃から営業出版が行われ始めるが,本格的になるのは同世紀半ば頃からである.町版の成立には,比較的製作費が安価な木活字による印刷が16世紀末から17世紀初めにかけて行われ始めたことが関係している.しかし,木活字による印刷では,多くの部数を印刷したり,必要に応じて刷り増ししたりすることができなかったので,本格的な営業出版が行われるようになると,もっぱら整版印刷(木版印刷)によることになった.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典 第5版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 民間の書店で刊行する版。また、その書籍。坊刻(ぼうこく)。まちはん。
〘名〙 民間の本屋で刊行した本。ちょうはん。
※善光寺如来絵詞伝(1847)述意「いま世に流布する町版(マチハン)縁起は、ただ世諺にいひつたふることのみをとりて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

実効再生産数

感染症が流行している集団において、ある時点で、一人の感染者から二次感染する人数の平均値。再生産数が1を上回ると、一人の感染者が複数の人に感染させるため、流行は拡大し、1を下回ると、感染者数が減少し、流...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android