コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

町割(り) マチワリ

世界大百科事典 第2版の解説

まちわり【町割】

城郭を中心に,武家地,町人地,寺社地で構成される近世城下町を建設する際,町人地に設定された地区に街路を通し,街区を作って街路に面した町の区画を定め,さらに町の中を個々の屋敷地に割ることを〈町割〉と呼ぶ。また町割の結果できあがった形態をも〈町割〉と呼ぶ。実際には武家地内の屋敷の割りつけ,また宿場町,港町,在郷町などの形態についても〈町割〉を用いることがあり,近世城下町に限定せず,都市内に街路を通して街区および区画を定め,区画内の敷地割を行うこと,いわば〈都市計画〉の意味で広く用いることが多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の町割(り)の言及

【土地割り】より

…また,寺内町,城下町,宿場町などに独特の土地割りが施されている。なお,都市内部の街路や家々の配列からなる土地割りを,とくに町割りと呼ぶ場合がある。 土地割りに関してA.マイツェンが,1895年に地籍図に即して集落と農地の研究を著した。…

※「町割(り)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

町割(り)の関連キーワード茶屋四郎次郎(2代)茶屋四郎次郎(初代)鹿野(鳥取県)富田林・寺内町真壁(旧町名)モントーバン二本松(市)御府内備考白河[市]会津若松市大西[町]帯広[市]新庄[町]村上[市]上野[市]若林[区]友野宗善中井正清結城秀康船木靱負

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android