コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

町道場 マチドウジョウ

3件 の用語解説(町道場の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

まち‐どうじょう〔‐ダウヂヤウ〕【町道場】

市中にある剣道・柔道などの道場。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

まちどうじょう【町道場】

個人や法人などが経営する柔道,剣道,空手などの武道の練習場ないし施設。道場に入門し,月々月謝を納めて指導を受け,練習することができる。日本の町道場の歴史は,江戸時代,流派武芸が盛んになり,師範の家で練習場を持つようになったころからの伝統がある。とくに町道場が栄えたのは幕末で,新流の台頭,外国船の日本への接近,思想的対立などを背景にして,剣術が盛んとなり,武士階級のみならず町人や農民なども武芸の訓練をするようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

まちどうじょう【町道場】

町なかにある、剣道・柔道などを教える道場。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

町道場の関連情報