コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

画像認識 がぞうにんしきimage recognition

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

画像認識

画像の中から特定の部分を抽出し、対象物を認識する技術。画像の明暗、動きなどから、背景との分離や輪郭抽出などを行う。産業用ロボットの物体認識、品質検査などに用いられる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

がぞう‐にんしき〔グワザウ‐〕【画像認識】

image recognition》画像データから、ある特徴をもつ形状を抽出・計測・分類すること。画像処理技術の一。OCRによる文字認識や、デジタルカメラで人の顔を認識して自動的に焦点を合わせる顔認識AFなどに利用される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

画像認識【がぞうにんしき】

image recognitionの訳。与えられた画像の構造を分析して特徴を抽出し,対象物の認識を行うこと。画像認識は,画像特徴の抽出,画像特徴の属性やそれらの関係,画像特徴と認識対象との対応(パターン・マッチング)等の処理を経て行われる。
→関連項目人工知能

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

IT用語がわかる辞典の解説

がぞうにんしき【画像認識】

画像データを解析し、ある特定のパターンを検出したり抽出したりする技術の総称指紋虹彩のパターンで個人認証を行う生体認証技術やOCRの文字認識などで用いられる。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

がぞうにんしき【画像認識】

画像処理の技術を用いて画像を理解・認識すること。例えば、手書き文字を入力し文字の判定を行う文字認識など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

画像認識の関連キーワードニューラルネットワークコンピュータビジョン車線逸脱防止システムクルーズコントロールFire Phoneディープラーニング電子光学誘導方式光・電子集積回路画像理解システム画像認証コード医用画像処理パターン認識ファジー工学拡張現実電子看板理解判定AI

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

画像認識の関連情報