コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

留(め)具 トメグ

2件 の用語解説(留(め)具の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とめ‐ぐ【留(め)具】

はなれたり動いたりしないようにとりつける小さな器具。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

とめぐ【留具】

衣服の合せ目を結び合わせたり,留めたり,つないだりするための用具。紐,ピン,ブローチバックルフックボタンスナップボタンファスナーなどがある。古代エジプト人は留具を用いず衣服の端を結び合わせたり,紐を使って固定した。古代ギリシアではキトンフィブラ呼ばれる留具で留めていた。デンマーク青銅器時代の遺跡からは,装飾のある安全ピン状の青銅製ブローチやピンが出土している。革帯(ベルト)は中央アジア遊牧民にその起源が求められ,中国やケルト族などにも及び,その留具として鉸具(かこ)が用いられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

留(め)具の関連キーワード結索結び目合せ目合せ物襟止組合せる香合せ結び合す結び合せる結び紐

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone