コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筥迫 はこせこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

筥迫
はこせこ

和服の装飾品で,女性用の紙入れの一種。昔は厚手の色紙を折って,その間に櫛や (こうがい) などをはさんで懐中にしたが,江戸時代に広く流行するに及んで,華麗な織布などが使われるようになった。また袋物としてよりも女性の正装の際に欠かせない装飾品となり,その頃から筥と呼ばれるようになった。現在では七五三女児婚礼の際の和装の花嫁などの装飾品となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はこ‐せこ【×迫/×迫/×狭子】

和装の女子が懐に入れて持つ箱形の紙入れ。江戸時代、奥女中武家婦人が正装の際に用いた。現在では花嫁衣装や七五三の祝い着のときに用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

筥迫【はこせこ】

江戸時代,武家の女性などが懐中に入れて用いた紙入れの一種。金襴(きんらん),緞子(どんす),ビロード羅紗(らしゃ)などに刺繍(ししゅう)を施したものが多く,とじ帯に小さな香袋がつき,簪(かんざし)をさしこんだものもある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はこせこ【筥迫】

江戸時代に女子が懐中して用いた紙入れの一種。箱迫,函迫とも書く。近世以後,小袖と帯の発達につれて,帯でしっかりおさえられた衿の合せ目,すなわちふところへ物を入れる習慣が一般に行われるようになり,さげ袋や掛け袋に代わって携帯用のアクセサリーとして筥迫が発達した。筥迫は江戸時代には武家の女性が打掛をつけたときには必ず持つべきものとされていた。筥迫には紙,箸差(はしさし),懐中鏡などを入れ,二つ折りになって,とじ帯に小さい香袋がついている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の筥迫の言及

【装身具】より

…なお江戸中期から後期の簪には,胴の先端に耳かきのついたものが多いのが特徴である。このほか江戸時代を通じて武家の女性が懐中に必ず携えたものに筥迫(はこせこ)がある。紙入れの一種であるが,鏡や簪などが入れられることもあった。…

※「筥迫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

筥迫の関連キーワード和服

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android