コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

異音 いおんallophone

翻訳|allophone

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

異音
いおん
allophone

音声学的に異なるいくつかの音が同一の音素に該当するとき,それらの異なる音をその音素の異音であるという。変異音ともいわれる。[kaba](河馬)と[ᶄiba](牙)において,二つの子音[k]と[ᶄ]は主として口蓋化の有無の点で互いに異なる音であるが,これは同じ音がそれぞれの環境に応じてとった姿と説明され,同一の音素/k/の現れと解釈される。このとき[k]と[ᶄ]はいずれも/k/の異音であるという。このような場合,違った音声記号が用意されている音だけを取り上げがちであるが,[ka][ku][ke][ko]の各[k]もすべて違うこと,子音にかぎらず母音もすべて,異なる環境にある異音はすべて異なることを忘れてはならない。英語の例をあげると,cup[kʌp](茶わん)と cap[ᶄæp](縁なし帽子)において,同一の音素/k/が音的環境によって[k]と[ᶄ]という二つの異なる音(異音)として実現される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

い‐おん【異音】

allophone構造言語学の音韻論で、同一音素の変異形のうち、位置ないし条件によって変異するもの。例えば、英語で keep[kiːp]とcool[kuːl]の二つの[k]は調音点を少し異にする同一音素[k]の異音。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いおん【異音】

構造言語学における音韻論の術語。同一音素に属する様々な音声学的実現を指す。例えばザ行子音は「ざる」のように語頭では破擦音 [dz] だが、非語頭では「ひざ」のように摩擦音 [z] になる傾向がある。この場合に [dz] と [z] を、同一音素 /z/ に属する異音であるという。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の異音の言及

【音韻論】より

…日本語の/u/はこれに非円唇の音響的特徴をなす非変音性が加わり具体的な母音[ɯ]となる。このように音素が音声として実現したものを異音という。
[アメリカ系音素論]
 アメリカではアメリカ・インディアンの言語を調査するにあたり,異質の未開言語を表記するための客観的方法を確立する必要に迫られ,そこで音素の研究が推進された。…

【音素】より

…これら三つの音[ɸ][ç][h]はいずれも無声摩擦という性質を共有し,しかも5母音[a,i,ɯ,e,o]との結びつきが相補う分布をなしている。このように類似したいくつかの音が同じ音声環境に立たないとき,これらの音声は同一音素の異音allophoneと見なされる。すなわち[ɸ][ç][h]は音素/h/の位置異音である。…

【日本語】より

…すなわち子音[h][ç][ɸ]は,相補う形で五つの母音と結合しているのである。この場合,前記の〈発音レベル〉あるいは音声学的レベルでは明らかに存在する,子音[h][ç][ɸ]の音声的相違は意識されず,単一の音素/h/(/ /でくくることにより音素であることを示す)が三つの異なる形〈異音〉で実現したものと受けとめられる。このように相補分布をなす類似した異音は,一つの音素により代表されるのである。…

※「異音」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

異音の関連情報