コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道饗祭 みちあえのまつり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

道饗祭
みちあえのまつり

「ちあえのまつり」ともいう。令制の祭。京の都城の四隅の路上で,ヤチマタヒコ,ヤチマタヒメ,クナドの3神を祀り,魑魅 (ちみ) や妖怪が京や宮中に来るのを防ぐ祭り。毎年6,12月に行われ,左右京職が司り,卜部 (うらべ) が解除 (はらえ) を行なった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

道饗祭【みちあえのまつり】

都の四隅に八衢比古(やちまたひこ),八衢比売(やちまたひめ),久那斗(くなど)の三神をまつり,魑魅(ちみ),妖気が都に入らぬように祈る祭。上代に毎年6月,12月の2回行われた。
→関連項目鎮火祭厄病神

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みちあえのまつり【道饗祭】

古く毎年6月と12月に,京城の四隅において行われた祭り。神祇令に定められた恒例の祭りであったが,疾疫あるときは臨時に諸国で行われた。《令義解》によると,鬼魅(きみ)が外から侵入してくるのを京師に入れないようにするため,京城の四隅の路上で饗応し遏(とど)むるのだという。《延喜式》の同祭祝詞によると,八衢比古(やちまたひこ),八衢比売,久那斗(くなど)の三神をまつり,鬼魅・妖物の侵入を防ぎまもってもらうため,幣帛(へいはく)をたてまつって行われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ちあえのまつり【道饗祭】

みちあえのまつり【道饗祭】

昔、陰暦6月・12月、京都の四隅に八衢比売やちまたひめ・八衢比古やちまたひこ・久那斗くなどの三神をまつって、路上で怪物・妖物を饗応し、都にはいるのを防ぐために行なった祭事。ちあえのまつり。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

道饗祭の関連キーワード大幣神事[宇治]来名戸之祖神鬼(おに)悪魔送り久那斗神根の国疫病神祭事

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android