道饗祭(読み)みちあえのまつり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

道饗祭
みちあえのまつり

「ちあえのまつり」ともいう。令制の祭。京の都城の四隅の路上で,ヤチマタヒコ,ヤチマタヒメ,クナドの3神を祀り,魑魅 (ちみ) や妖怪が京や宮中に来るのを防ぐ祭り。毎年6,12月に行われ,左右京職が司り,卜部 (うらべ) が解除 (はらえ) を行なった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

道饗祭【みちあえのまつり】

都の四隅に八衢比古(やちまたひこ),八衢比売(やちまたひめ),久那斗(くなど)の三神をまつり,魑魅(ちみ),妖気が都に入らぬように祈る祭。上代に毎年6月,12月の2回行われた。道饗は疫神が入り込まぬように道の途中に迎えて食物を供する意。早く廃絶したが,疫神送りや村の入口に張る道注連(みちしめ)などには道饗祭のなごりが見られる。
→関連項目鎮火祭厄病神

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みちあえのまつり【道饗祭】

古く毎年6月と12月に,京城の四隅において行われた祭り。神祇令に定められた恒例の祭りであったが,疾疫あるときは臨時に諸国で行われた。《令義解》によると,鬼魅(きみ)が外から侵入してくるのを京師に入れないようにするため,京城の四隅の路上で饗応し遏(とど)むるのだという。《延喜式》の同祭祝詞によると,八衢比古(やちまたひこ),八衢比売,久那斗(くなど)の三神をまつり,鬼魅・妖物の侵入を防ぎまもってもらうため,幣帛(へいはく)をたてまつって行われる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ちあえのまつり【道饗祭】

みちあえのまつり【道饗祭】

昔、陰暦6月・12月、京都の四隅に八衢比売やちまたひめ・八衢比古やちまたひこ・久那斗くなどの三神をまつって、路上で怪物・妖物を饗応し、都にはいるのを防ぐために行なった祭事。ちあえのまつり。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちあえ‐の‐まつり ちあへ‥【道饗祭】

〘名〙 (「ち」は道の意) 令制で、八衢比古(やちまたひこ)、八衢比売(やちまたひめ)、久那斗(くなど)をまつった祭。六月、一二月に京四方大路の最極において鬼魅の侵入を防ぐために卜部らが祭った。みちあえのまつり。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android