コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

痣/黶 アザ

2件 の用語解説(痣/黶の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あざ【×痣/×黶】

皮膚に生じた赤や青などの斑紋の俗称。先天性のものは母斑(ぼはん)で、後天性のものは皮下出血や紫斑。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

痣【あざ】

皮膚の一部に限局する色や形の異常を生じるもので,広義には外傷性の内出血によるもの,諸種の皮膚病後の色素沈着によるもの等を含むが,狭義のあざは母斑(ぼはん)に相当する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

痣/黶の関連キーワードエリテマトーデスケロイド皮膚科疣目感覚障害光線過敏症肌に粟を生じるじん麻疹先天性乳糖不耐症

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone