コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒子 コクシ

11件 の用語解説(黒子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こく‐し【黒子】

ほくろ。

はは‐くそ【黒子】

ほくろ。ははくろ。〈和名抄

はは‐くろ【黒子】

ははくそ」に同じ。
「七つ星の―のかく候ひて」〈愚管抄・四〉

ほくろ【黒子】

皮膚にみられる黒褐色の斑で、母斑の一。周囲より隆起し、アズキ大までのものをいう。こくし。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳の解説

黒子

「黒衣」とも書く。舞台上で役者の演技を助ける後見人。黒衣を着ている。舞台上の黒は何も存在しないと解釈する。後見ともいう。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ほくろ【黒子 lentigo】

一般にはアワ粒大からダイズ大くらいまでの扁平な黒褐色斑ないしは半球状に隆起した黒色の皮膚の小腫瘍をさすが,医学的には,小型の色素性母斑nevus pigmentosusまたは表皮基底層の色素細胞の増加を意味する。円形または類円形で,多くは境界が鮮明で半球状に隆起し,色は黒色,褐色のものが多いが,皮膚色のものもある。とくに老人のほくろや,頭部のほくろは色がうすい。剛毛を有するものもある。全身いたるところにみられるが,比較的顔に多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こくし【黒子】

ほくろ。

ははくそ【黒子】

ほくろ。ははくろ。 「腰のほどに-といふ物の跡ぞさぶらひし/宇治拾遺 6

ははくろ【黒子】

ほくろ。ははくそ。 「七つ星の-のかく候ひて/愚管 4

ほくそ【黒子】

〔「ははくそ」の転〕
ほくろ。 〔和訓栞〕

ほくろ【黒子】

暗褐色ないし黒色の扁平な斑、または半球状に盛り上がった皮疹で、小豆あずき大ぐらいまでの大きさのものをいう。黒子こくし

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の黒子の言及

【あざ(痣)】より

…皮膚にみられる赤,青,褐色などの斑で,皮下出血や湿疹が治ったあとの褐色の色素沈着など一時的なものをさすこともあるが,普通には先天的な皮膚の奇形である母斑nevusをさし,ほくろもこの一種である。母斑の多くは自然に消えることはない。…

【黒色腫】より

…メラノーマともいう。皮膚,粘膜,眼球脈絡膜などの色素細胞やほくろから生ずる黒色の悪性腫瘍で,正式には悪性黒色腫malignant melanomaという。皮膚癌の一つ。…

※「黒子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

黒子の関連キーワードゴム腫フリクテンサラダ菜少年大クープランワークブーツ伊豆・三津シーパラダイスホライズン声帯ポリープ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

黒子の関連情報