コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

療養の給付 リョウヨウノキュウフ

デジタル大辞泉の解説

りょうよう‐の‐きゅうふ〔レウヤウ‐キフフ〕【療養の給付】

公的医療保険被保険者やその家族が病気やけがをした際に、保険医療機関において必要な医療(診療、処置・手術などの治療、薬剤等の支給、入院、看護など)が提供されること。医療サービスが直接給付されることから、傷病手当金出産育児一時金などの現金給付に対して、現物給付ともいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

りょうようのきゅうふ【療養の給付】

医療保険において,業務外の傷病に関しての診療,薬剤および治療材料の支給,手術等の治療,医療機関への収容,看護および移送などに対する給付を療養の給付という。療養の給付は保険医療機関などにおいて現物給付(法定の一部負担金のみを患者が負担する)として行われることを原則としている。ただし,特別の事情により現物給付としての療養の給付が受けられず,かつ保険者が給付の必要ありと認めた場合には,実費相当額が療養費として支給される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

療養の給付の関連キーワード公害健康被害補償法戦傷病者特別援護法療養補償(給付)公害健康被害補償国民健康保険法レセプト電子化高齢者医療制度療養費払い制戦傷病者手帳国民健康保険船員保険健康保険疾病保険

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

療養の給付の関連情報