コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

傷病手当金 ショウビョウテアテキン

デジタル大辞泉の解説

しょうびょう‐てあてきん〔シヤウビヤウ‐〕【傷病手当金】

健康保険などの被保険者が、業務上でない負傷や病気のために就業できなくなったときに支給される手当金。保険給付の一つで、本人およびその家族の生活費として支給される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

傷病手当金

業務外の病気やけがで休業中のサラリーマンの生活を保障するのが目的。標準報酬日額の3分の2相当額が支給される。標準報酬月額上限は121万円。期間は最長1年半まで。審査を含め3週間ほどで支給される。

(2009-04-07 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

百科事典マイペディアの解説

傷病手当金【しょうびょうてあてきん】

医療保険の給付の一種。疾病または負傷の療養のため労務につくことができず報酬を受けられない場合に給付される。健康保険,日雇労働者健康保険船員保険のほか各種共済組合にもこの給付規定がある。
→関連項目障害年金

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

しょうびょうてあてきん【傷病手当金】

業務外の疾病・負傷により業務につくことができない場合、休業期間中に支給される給付金。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の傷病手当金の言及

【社会保険給付】より

…日本はこれら諸条約のうち,102号条約の批准を終えたにとどまる。 日本の医療保険による傷病手当金と出産手当金の給付率は,算定基礎となる受給者本人の賃金・給与額の割合で,各種共済組合が65%または80%,健康保険が60%,雇用保険の基本手当が60~80%,労災保険の休業補償給付は60%などとなっている。年金保険による年金額は定額部分と報酬比例部分の組合せの有無,加入期間比例制の仕組みの違い,世代による給付率の差の過渡的設定,算定基礎となる受給者本人の賃金・給与額が長期にわたるなどのため,同様の割合を示すことは難しい。…

【法定外給付】より

…厚生年金基金が支給する老齢年金の上乗せ分を付加給付と呼ぶこともあるが,一般には医療保険について用いられる。 任意給付には,国民健康保険の運営主体である市町村や国民健康保険組合が,条例や規約に定めて自主的に支給する育児手当金,出産手当金,傷病手当金などがある。付加給付には,大企業を中心に組織される健康保険組合が,政府管掌健康保険の法定給付に上乗せして支給する家族療養付加金,埋葬料付加金,分娩付加金などや,各種共済組合の同様の付加給付がある。…

※「傷病手当金」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

傷病手当金の関連キーワードメンタルヘルス障害厚生年金国民健康保険療養の給付健康保険法社会保障疾病保険医療保険医療制度給付金

傷病手当金の関連情報