傷病手当金(読み)しょうびょうてあてきん

精選版 日本国語大辞典「傷病手当金」の解説

しょうびょう‐てあてきん シャウビャウ‥【傷病手当金】

〘名〙 業務外による傷病により、勤務に服することのできなくなった労働者または公務員に対して、健康保険法・国家公務員共済組合法・日雇労働者健康保険法などに基づいて支払われる手当金
※健康保険法(1922)四五条「傷病手当金として一日に付標準報酬日額の百分の六十に相当する金額を支給す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「傷病手当金」の解説

傷病手当金【しょうびょうてあてきん】

医療保険の給付の一種。疾病または負傷の療養のため労務につくことができず報酬を受けられない場合に給付される。健康保険,日雇労働者健康保険,船員保険のほか各種共済組合にもこの給付規定がある。
→関連項目障害年金

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の傷病手当金の言及

【社会保険給付】より

…日本はこれら諸条約のうち,102号条約の批准を終えたにとどまる。 日本の医療保険による傷病手当金と出産手当金の給付率は,算定基礎となる受給者本人の賃金・給与額の割合で,各種共済組合が65%または80%,健康保険が60%,雇用保険の基本手当が60~80%,労災保険の休業補償給付は60%などとなっている。年金保険による年金額は定額部分と報酬比例部分の組合せの有無,加入期間比例制の仕組みの違い,世代による給付率の差の過渡的設定,算定基礎となる受給者本人の賃金・給与額が長期にわたるなどのため,同様の割合を示すことは難しい。…

【法定外給付】より

…厚生年金基金が支給する老齢年金の上乗せ分を付加給付と呼ぶこともあるが,一般には医療保険について用いられる。 任意給付には,国民健康保険の運営主体である市町村や国民健康保険組合が,条例や規約に定めて自主的に支給する育児手当金,出産手当金,傷病手当金などがある。付加給付には,大企業を中心に組織される健康保険組合が,政府管掌健康保険の法定給付に上乗せして支給する家族療養付加金,埋葬料付加金,分娩付加金などや,各種共済組合の同様の付加給付がある。…

※「傷病手当金」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android