コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

癌保険 ガンホケン

4件 の用語解説(癌保険の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

がん‐ほけん【×癌保険】

民間医療保険の一つで、癌と診断された場合、および癌による入院・手術に対し給付金や保険金が支払われるもの。原則として癌のみを対象とする。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

癌保険【がんほけん】

癌を直接の原因とする場合に限り,入院期間中は一定額の給付金,死亡時には死亡保険金が支払われる保険。その他,癌と診断された時点で給付金が支払われるリビングニーズ呼ばれる生存保険など,現在ではいろいろな組合せの癌保険が開発されている。
→関連項目アフラック[会社]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

がんほけん【癌保険】

給付の対象を癌(悪性新生物)に限定し,癌による入院,在宅療養,死亡について給付金が支払われる生命保険。1958年,アメリカにおいてアメリカンファミリー生命保険会社が初めて販売し,日本では74年から同社の日本支社によって販売された。保険料は掛捨て,無配当の終身保険で,個人契約と家族単位の契約との二つの型がある。加入にあたっては告知書に健康状態を記入するのみで,医師の診断を要しない。給付対象を疾病全般にひろげた疾病保険も,日本では76年以降,アリコジャパン社(American Life Insurance Companyの日本支社)が販売している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

癌保険
がんほけん

癌を直接の原因とする場合に限り、治療、入院時には給付金が、死亡時には死亡保険金が支払われる保険。対象を癌に限定しているため、従来の疾病保険よりも保険料負担が少なくてすむという特徴がある。わが国では1974年(昭和49)にアメリカン・ファミリー生命保険会社によって最初に発売された。外資系の保険会社のこの保険が予想外の売行きとなったこともあって、わが国の生命保険会社も76年から癌を含めた成人病生活習慣病)入院特約を売り出した。[金子卓治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

癌保険の関連キーワード議案限定縁故募集給付訴訟新生面悪性新生物関係学退職給付三大疾病保障保険マス・マガジン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone