コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

発荷峠 はっかとうげ

5件 の用語解説(発荷峠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

発荷峠
はっかとうげ

青森・秋田県境,十和田湖南方の外輪山にある峠。標高 647m。 1914年初めて馬車が通った。展望台からの十和田湖の眺望は絶佳で,神秘的である。湖岸までは比高 246mの急崖を屈折した国道 103号線 (十和田道) が通る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

発荷峠【はっかとうげ】

秋田県北東端,十和田湖カルデラの外輪山の南部にあり,標高631m。国道103号が通じ十和田八幡平国立公園の秋田県側からの入口。眼下に十和田湖,遠くに八甲田連峰を望む景勝地。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

はっかとうげ【発荷峠】

秋田県北東部,十和田湖南側の外輪山にある峠。標高631m。十和田湖への秋田側の入口である。峠付近は,十和田火山噴出時の軽石流堆積物に覆われるが,湖岸和井内に下る七曲りの中腹からは緑色凝灰岩が卓越する。湖面との比高231m。眺望に優れ,眼下に西湖(にしのうみ),前面に中山・御倉両半島や八甲田山を望む。峠の東に甲岳台,西に紫明亭展望台がある。旧十和田街道(国道103号線)が通り,花輪線十和田南駅からバスが通じる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔秋田県〕発荷峠(はっかとうげ)


秋田県北東部、十和田(とわだ)カルデラの外輪山南西部に位置する。標高631m。秋田県鹿角(かづの)市方面から十和田湖畔への入り口。国道103号が通過する。北方約200mの展望台から望む眼下の十和田湖や八甲田(はっこうだ)山は絶景。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

発荷峠
はっかとうげ

秋田県北東部、鹿角(かづの)市と鹿角郡小坂(こさか)町の境にある峠。標高631メートル。十和田(とわだ)湖の外輪山の南部に位置し、ここからの十和田湖の眺望はすばらしい。御倉(おぐら)、中山の二半島が湖面に延び、円頂丘の御倉山(690メートル)が湖水に影を落とす。JR花輪線十和田南駅から十和田湖へのルートにあたり、峠から観光道路(国道103号)が屈曲しながら湖岸の和井内(わいない)へ下り、さらに休屋(やすみや)、子ノ口(ねのくち)へと通じている。[宮崎禮次郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

発荷峠の関連キーワード十和田鹿角十和田湖温泉スキー場十和田湖[町]十和田湖〈町〉秋田県鹿角郡小坂町秋田県鹿角市十和田毛馬内秋田県鹿角郡小坂町十和田湖秋田県鹿角市十和田錦木秋田県鹿角市十和田山根

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

発荷峠の関連情報