コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十和田 とわだ

3件 の用語解説(十和田の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十和田
とわだ

秋田県北東部,鹿角市の一地区。旧町名。 1972年近隣町村と合体して鹿角市となった。ほとんどが山地で,中心地の毛馬内 (けまない) には江戸時代に盛岡藩の代官所がおかれた。東に大湯温泉がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

とわだ【十和田】

青森県南東部の市。南部藩士新渡戸伝(にとべつとう)によって開発。馬市で知られたが、現在は乳牛・肉牛の酪農が盛ん。平成17年(2005)1月に十和田湖町と合併し、十和田湖東岸から三本木原台地西部までを広く占める。旧称、三本木(さんぼんぎ)市。人口6.6万(2010)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とわだ【十和田】

青森県南東部の市。旧名、三本木。古くから馬の飼育で知られ、現在も乳牛・肉牛などの酪農が盛ん。十和田湖観光の玄関口。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

十和田の関連情報