コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農鳥岳 のうとりだけ

6件 の用語解説(農鳥岳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

農鳥岳
のうとりだけ

山梨・静岡県境にある山。赤石山脈北部にある。標高 3026m。白根三山の1つ。西方に西農鳥岳 (3051m) がある。山名は晩春に甲府盆地から見て雪が鳥の形に消えると農事を始める合図としたことに由来。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

のうとり‐だけ【農鳥岳】

山梨と静岡の県境にある山。赤石山脈北部、白根山の一峰。標高3026メートル。北に間(あい)ノ岳(3189メートル)・北岳(3193メートル)が位置する。山名は、山腹に現れる鳥形の残雪が、農民の農耕の目安になったことから。南アルプス国立公園に属する。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

農鳥岳【のうとりだけ】

山梨県,静岡県の境,赤石山脈の北部にある山。標高3026m。北の間ノ岳(あいのだけ),北岳とともに白根三山呼ばれる。中生層からなり,西側は大井川の源流部をなす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

のうとりだけ【農鳥岳】

赤石山脈北東部,山梨県南巨摩郡早川町と静岡市の境にある山。白根三山の最も南にあり,北西にある西農鳥岳(標高3050m)と南東にある農鳥岳(東農鳥岳または本農鳥岳,標高3026m)とからなる。東農鳥岳の東側斜面を刻む農鳥沢の源流部には,6月初旬から中旬ころに,首の長い水鳥状の残雪が残る。甲府盆地の農民は,これを見て田植の時期をきめたことから農鳥の山名がつけられた。間(あい)ノ岳から農鳥岳方向へ進むにつれて,白根層群(白亜系)をおおう赤石層群(白亜系)の砂岩層が広く分布している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔山梨県(静岡県)〕農鳥岳(のうとりだけ)


山梨・静岡県境、赤石(あかいし)山脈(南アルプス)北部の高峰。標高3026m。間(あい)ノ岳・北(きた)岳とともに白根(しらね)山とよばれる。頂上部は西農鳥岳(標高3051m)と農鳥岳の2峰に分かれる。稜線が平行に並ぶ二重山稜(さんりょう)の地形がみられる。南アルプス国立公園に属する。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

農鳥岳
のうとりだけ

赤石山脈(あかいしさんみゃく)(南アルプス)北部の山。北岳、間ノ岳(あいのたけ)とともに白根三山(しらねさんざん)を構成する。3山の最南に位置し、標高3051メートル。南アルプス国立公園に含まれる。春になると甲府盆地から見えるこの山に、首を伸ばした白鳥の形に雪が残る。これが苗代(なわしろ)への播種(はしゅ)期に相当するということからこの山名がある。登山は3山の縦走がおもで、山梨県南アルプス市芦安芦倉(あしやすあしくら)の広河原(ひろがわら)から北岳経由でこの峰に至り、大門沢から奈良田(ならだ)(早川町)に下山するのが一般的である。[吉村 稔]
『朝日新聞社編・刊『週刊続日本百名山no.5 朝日ビジュアルシリーズ鋸岳・農鳥岳・櫛形山』(2002)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

農鳥岳の関連情報