コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夜叉神峠 やしゃじんとうげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

夜叉神峠
やしゃじんとうげ

山梨県西部,赤石山脈前山の巨摩山地北部にある峠。南アルプス市芦安に属し,大崖頭山と高谷山の鞍部にある。標高 1770m。眺望がよく,西方の白根三山をはじめ,甲府盆地をへだてて南東に富士山,北東に秩父の山々を展望できる。カエデシラカバカラマツなどが点在。南アルプス林道のトンネルが通り,ハイカー白根三山の登山者が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

夜叉神峠【やしゃじんとうげ】

山梨県西部,南アルプス市芦安地区にある峠。標高1770m。峠に棲む夜叉が大雨を降らせたり,干ばつを引き起こしたりするので,里人が祠を建てて鎮めたという。大崖頭(おおがれあたま)山と高谷山の鞍部(あんぶ)で,野呂川の谷を隔てて西の白根三山に対する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やしゃじんとうげ【夜叉神峠】

山梨県西部,赤石山脈の鳳凰三山の南にある峠。標高1770m。ここを水源とする御勅使(みだい)川流域に住んでいた夜叉神のたたりを鎮めるため峠の頂上に祠(ほこら)を設けたことからその名が起こったという。古くから甲府盆地と野呂川流域を結ぶ交通路で,木材や木炭の搬出などに使われたが,登山が盛んになった昭和初期からは登山者がここを通って北岳北麓の広河原方面へ迂回するようになった。現在は峠の下を夜叉神トンネルで通る野呂川林道ができたため,交通路としての役割は消滅した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

やしゃじんとうげ【夜叉神峠】

山梨県西部の峠。鳳凰ほうおう三山への縦走路。南アルプスの展望が良い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔山梨県〕夜叉神峠(やしゃじんとうげ)


山梨県西部、鳳凰山(ほうおうざん)と櫛形(くしがた)山地との間の鞍部(あんぶ)に位置する峠。標高約1760m。南方約300mを、野呂(のろ)川林道の夜叉神トンネルが通る。鳳凰三山への登山口にあたり、赤石(あかいし)山脈(南アルプス)の白根(しらね)山を正面に展望できる。東約3kmに芦安(あしやす)温泉がわく。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

夜叉神峠
やしゃじんとうげ

山梨県西部、甲府盆地の西側を限る巨摩(こま)山地の大崖頭(おおがれあたま)山と高谷(たかたに)山の鞍部(あんぶ)にある峠。標高1770メートル。かつて盆地側の芦安(あしやす)村(現南アルプス市)などから野呂(のろ)川沿いの鮎差(あゆさし)の炭焼き作業小屋へ行く峠として利用された。一般に知られるようになったのは、1962年(昭和37)芦安村桃ノ木から北岳直下の広河原(ひろがわら)に至る約22キロメートルの林道の開設に際し、峠の直下1148メートルの地点に夜叉神トンネルのほか二つのトンネルが開通し、交通の便が向上し多くの観光客が入山したことによる。峠は南アルプスの展望台として多くのハイカーに知られると同時に、鳳凰(ほうおう)三山への縦走路の起点としても利用されている。[吉村 稔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

夜叉神峠の関連キーワード南アルプス[市]駒ヶ岳(甲斐)御勅使川櫛形

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android