コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白榴岩 はくりゅうがんleucitite

岩石学辞典の解説

白榴岩

細粒または斑状の噴出岩.亜優黒質で,主としてリューサイト(白榴石)と単斜輝石(普通はチタンオージャイト)からなり,橄欖(かんらん)石を欠く岩石[Rosenbusch : 1877].長石はないか,少量含まれるのみである.相当する貫入岩フェルガス岩(fergusite)という.橄欖石があると橄欖石白榴岩という.橄欖石と輝石が多いものをウガンダ岩(ugandite)という.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白榴岩
はくりゅうがん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

白榴岩の関連キーワードワイオミング岩ブラッキアノ岩マフルアイトエティンド岩カジャン岩セシリア岩ルテイル岩

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android