コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白榴岩 はくりゅうがん leucitite

2件 の用語解説(白榴岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

白榴岩

細粒または斑状の噴出岩.亜優黒質で,主としてリューサイト(白榴石)と単斜輝石(普通はチタンオージャイト)からなり,橄欖(かんらん)石を欠く岩石[Rosenbusch : 1877].長石はないか,少量含まれるのみである.相当する貫入岩はフェルガス岩(fergusite)という.橄欖石があると橄欖石白榴岩という.橄欖石と輝石が多いものをウガンダ岩(ugandite)という.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白榴岩
はくりゅうがん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白榴岩の関連キーワード溢血点紋状構造亜優黒完優黒質優黒質粗面安山岩フェルソひん岩ションキン岩霞岩バサン岩

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone